2009年06月27日

アイディア





ふと思ったのですが、

アイディアという無形の商品にお金を払う感覚が
ある人が、どれだけいるでしょうか?

実は、どんな商売でも、
「アイディアを捻る」という部分で困っている会社は
いくらでもあります。

オーナーが考えたり、社員に公募したり、
企画課という部署があったりしますし、
それを生業としているのが広告会社であったりしますが、

アイディアというのは、やはり専門分野だなと思うわけです。

そこで考えたサービスは・・・、
(これは僕の本業とは違いますが)

――――――――――――――――――――――――――

これは重宝!ビジネス企画アイディア陰陽師

「企画発想アイディアフラッシュ承ります」

・コンペに勝てる企画案が欲しい
・顧客からの急ぎの課題に応えたい
・提案の切り口がたくさん必要だ
・ネーミングが思いつかない

など、ロケット発想いたします。

――――――――――――――――――――――――――

・顧客、課題、競合、投下予算などの基本情報をメールください。
・午前中にご依頼いただければ、早くて翌朝8時、
 遅くても翌々朝8時に目の覚める回答メールを返信します。
・企画書に仕上げるわけではありませんが、卓越のアイディアと、
 実現可能なプランニングレポートをお届けします。
・契約は月額●万円(税別)、何度相談いただいても定額です。
・1ヶ月間●万円でお試しいただけます。いいと思ったら本契約。

――――――――――――――――――――――――――

上記の●に入る金額は、いくらが妥当でしょうね~。

立場立場で価値観が違いますし、
上記サービスを利用していくら利益を出すかを
具体的に想像想定できる人しか答えることができない
でしょうから、要するに正解はありません(*^^)v。

(最近、段々、難易度が高くなっているので、
 コメントできる人は皆無かもしれませんが)

それを踏まえて、

上記の●に入る金額は、いくらが妥当でしょうね~。


追伸
「見えないものにお金を払えるか」って思っている経営者に
限って、アイディアが出なくて困っていたりします。



同じカテゴリー(しごと)の記事画像
事業発展「七つの質問」に詳細に即答できますか(^^)?
チャンスは4度あります(^^)
お客様の声を活かす「個客」マーケティング事例
事業発展のために今日やるべきこと
真相究明
このひと手間が絆と数字を創る♪
同じカテゴリー(しごと)の記事
 「イベントの集客」について♪食べる・出す・ときどき断食 (2013-12-01 13:10)
 ホラ、やっぱりあなたやあなたの会社にこそ、POPが必要です!! (2013-11-03 21:38)
 続・借りたお金をどうやって返すのか? (2013-11-03 21:35)
 商売に効く処方箋として、もっとも優れているもの (2013-10-20 22:40)
 事業発展「七つの質問」に詳細に即答できますか(^^)? (2013-09-28 16:52)
 言葉の贈物を受け取る (2013-09-23 12:58)

Posted by しるばーうるふ at 19:46│Comments(0)しごと
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アイディア
    コメント(0)