スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年02月12日

気になる人、好かれる人

「気になる人、好かれる人になる」とは、
21世紀における最高の人生戦略です。

誰だって、尊敬できる会社から、
モノやサービスを買いたいですよね。

誰だって、好ましい人、素敵な人と、
おつきあいしたいですよね。

ファーストキーワードは
「好感度」です。

セカンドキーワードが
「共感」であり「想起率」です。

その効果を加速する裏キーワードが
「過剰」であり「行動量」です。

さて、午後も盛り沢山(^_-)-☆

この無料メルマガ「も」オススメです。
登録済みの方は、シェアよろぴく~っ(笑)  


Posted by しるばーうるふ at 13:04Comments(0)人生

2012年02月12日

いじめにあっている息子を救うために

父親が、いじめにあっている息子を救うために、
小学校に乗り込み、クラスで1時間の授業を決行!

実は、僕自身の話です。

前代未聞の「父の授業」ですが、
以来、いじめは完全に無くなりました。

僕はマーケッターですから、その強みを生かし、
必死懸命に「いじめ撲滅の戦略」をプランニングしたのです。

ご登録↓は20秒でできると想いますよ(^^)
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/mm.php

財務、販促、研修など各分野の精鋭8名が
毎週持ち回りで執筆する【無料】メルマガ。

僕の原稿配信は、2月14日(火)早朝7時7分です。★


  


Posted by しるばーうるふ at 11:01Comments(0)人生

2011年01月15日

アイ・アム・ア・ファーザー

浜田省吾さんの
「アイ・アム・ア・ファーザー」という歌の一節。

 疲れ辿り着いた家
 窓の明かりまるでダイヤモンド
 I am a father
 妻と今日一日を(子供達が)
 無事に過ごせたことを祈ってる
 I am a father
 明日は今日よりも
 良い日になることを信じてる
 I am a father

僕の想い出の曲です。

「抱き寄せ 命の儚さに 熱くなる胸の奥」

そうなのです。

子供達は、僕を父として、
誰とも比較しない、誰に替えることもない、
唯一無二の存在として接してくれているのです。

「自分は何者なのか?」
「本当になりたい自分?」

まさに、答えは出ていました。

僕は、彼らにとって、
父として(カッコ悪くとも)立派でありたいだけです。

「アイ・アム・ア・ファーザー」
なのです。

僕は心から想うのです。

「窓の明かりまるでダイヤモンド」
だと!

(僕には小5の長男と小2次男がおります(^^))



★「商売とは相思相愛を探す旅」
株式会社 乾杯・KANPAI
http://www.kanpai-kanpai.com/
業種を問わず大好評のメルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/service01.html  
タグ :家族


Posted by しるばーうるふ at 11:18Comments(0)人生

2010年11月28日

想像より30倍美味い

僕がそのセリ鍋を人に話すときに使うフレーズ。

「その美味さを聞いた人が想像した美味さより
 実際は30倍美味いセリ鍋」





実そうなのだから仕方ない(*^^)v
先週26日(金)は、今季セリ鍋キックオフパーティー。

(セリ鍋シークレットパーティー。
 今季も6回くらいはやりたいねぇ)

ああ、美味しかった。
(画像は主役のセリと、最強のカモ肉)





メンバーも豪華絢爛。

・中山マコト先生(キキダスマーケティング)
・青山華子先生(がけっぷち女社長、アメブロの女王等々)
・長谷川あゆみ姉御(エーアイ・コミュニケーションデザインさん)
・八矢さん(人材研修のマイルストーンさん)、
・りっちゃん(アートブライダルさん)、
・スィーツ王子(塩釜のえんふぁんさん)、
・フクちゃん(松島オルゲールミュージアム&カメラウーマン)、
・後藤君(せんだい自由大学さん)、
・ちょっと遅れてのりちゃん(ロイヤルパークホテルさん)。





みんなありがとう。
次の日27日(土)のセミナーも良かったねぇ!


中山先生。

昨夜は、プライベートレッスン。
ありがとうございました。
(さちさんもありがとね)

新規事業ネタが8つくらいになっちゃいましたね。
来年早々から、また激しく参ります。


銀狼

http://www.kanpai-kanpai.com/
  


Posted by しるばーうるふ at 23:44Comments(0)人生

2010年11月01日

4分の1の奇跡





僕の会社「株式会社 乾杯・KANPAI」の
顧問会計士でもある椎木さんのイベントです。

======================================================
1.いきちかCSR事業2010
  「4分の1の奇跡」自主上映会
  11月13日(土)9:30~11:30
http://ameblo.jp/ikichika/entry-10662415422.html
======================================================

昨年、ある映画に出会いました。
それが「4分の1の奇跡」という映画です。

●僕も昨年観ました。まつお

「すべてのものに意義がある」
「生きているだけで素晴らしい」

もしかしたら、
どこかで読んだり聞いたりしたことがあるかもしれません。

でも、この映画に出会うまでは、
その本当の意味に気づいていなかったのかもしれないと思いました。

●はじめに言葉ありき、
 意味は人生で必要なときにもたらされる。僕もそう思います。

人はなぜ完全ではないのか?
宇宙はなぜ完全ではないのか?
今、解き明かされていく
いのちの神秘を解く、真実の物語

「4分の1の奇跡」自主上映会

日時:2010年11月13日9:30~11:30(9:15受付)
場所:せんだいメディアテーク7階スタジオシアター
入場料:大人1,500円、高校生以下500円
お申込みは、
http://form1.fc2.com/form/?id=590645

(*)CSR事業とは、企業の社会的責任とも訳されますが、
企業が、事業そのものだけでなく、
社会との関わりの中で、何か貢献する活動を言います。

上映会の収益は、すべて「障害者を支援する団体」に寄付されます。

http://ameblo.jp/ikichika/entry-10662415422.html

僕は以下がかぶっているので参加できませんが、
行ける方は是非!

※それにしても

 ↓年末にかけて目白押しだなぁ。。。


11月13日(土)
中山マコト先生150人パーティー(in東京)

11月14日(日)
黒木安馬さん3%の会(仙台)

11月16日(火)
五感を刺激するまっくら晩餐会(イナトーラさん)

11月22日(月)
情熱コラボセミナー(栗城君や大島さんやてんつくマンさん)

11月27日(金)
中山さんと青木さん(ブログツイッターの女王)セミナー(仙台)

12月4日(土)
乾杯・KANPAI等々プロデュース半日セミナー


最も確実な投資先である
「自分」に数千円づつ投資する日となります。

  


Posted by しるばーうるふ at 20:09Comments(0)人生

2010年10月02日

そうだ、京都に行こう!





そうだ、京都に行こう!

名コピーだったなぁと想うが、
それはそれとして、

僕が独立起業するキッカケとなり、
僕の強みを強みだと言ってくれた人が、

京都に出没するらしい。

そう、中山マコト先生ね。
http://www.nakayama-makoto.com/

情報ソースは、

京都の仲良しコピーライター 前田めぐるさん
http://www.maedameguru.com/

強みを尖らせたいなら、参戦するがいい(^_-)-☆

------------------------------------------------------
 中山マコト氏×中野貴史氏~町家でディープナイト
 「不景気のせいにしないために強みを見つけて尖らせる」
 http://kyotocollabo.com/collabocafe/index.html
------------------------------------------------------

対象:経営者、個人事業者、フリーランス、会社員、学生、主婦
(つまり、強みを尖らせたい人なら誰でも)

■セミナー:10月8日 19:00〜(18:40開場)

19:00~20:15
幸福が勝手にやってくる強みの見つけ方 by中山マコト氏

20:30~21:45
強みを尖らせる「言霊ヒアリング」 by 中野貴史氏

■ディープナイト
「そのまま畳の部屋で車座になって」:10月8日 22:00〜24:00

■会費\10,000-
(セミナー+ディープナイト込。カフェケータリング付)
*カフェお弁当付きです。飲み物のみ当日別途。


「生涯付き合える仲間が見つかるかもしれませんよ。
 心から心からおもてなしいたします。」

 前田めぐる

だそうです(^^)。

いいよねぇ。


銀狼
  


Posted by しるばーうるふ at 20:54Comments(2)人生

2010年01月10日

その顔は誰のため?





「顔」は、自分のためにあるのではないのですよね。
その顔を見て、勇気や発想を得るのは、他人様です。

だから「顔」は、
家族やお客様など、他人様のためにあるのです。

そう言えば、最近の読書は、本を読んでいても常に具体的な
お客様のお顔を、我知らず想像しながら読んでいます。

「あそこにこんな提案をしたら喜ばれるかなぁ」
などと考えながら読んでいることに気づき、嬉しくなります。

ああ、顔だけじゃなく、
能力も智恵も経験も、結局は人のためにあるのですね。

銀狼
  

Posted by しるばーうるふ at 20:44Comments(0)人生

2009年12月02日

2012年





かの船井幸雄さんはじめ、
いろんな人が異口同音に言っているが、

2012年を境として、
世界は新しいターンに入るらしい。

頑張る時代から、あるがままの時代。
忘れていた時代から、想い出す時代。

何を想い出すか?
それは、自分が「ブラフマン」であること。

50億年周期ってことだから壮大ですね~。

足りなくて追い求める時代から、
他者との比較じゃない自分の思うままの時代へ。

うまくターンできる人とできない人では、
精神的ゆとりも、経済的ゆとりも、違ってくる。

そのターンのサポート、
その人がうまくターンできるようお手伝いするのも、

僕の役割のような気がしている。

人を癒すことで、僕は癒される。
  

Posted by しるばーうるふ at 08:41Comments(0)人生

2009年11月24日

2人に1人は結婚できない





「20代後半の独身女性の2人に1人は結婚できない」
という推計があるようです。

確かに恋愛や結婚にも仕組みがあり、
恋愛と結婚もまたスピード勝負ですね。

以下、
親しくさせていただいている佐藤律子さんネタ(*^^)v!


【 婚活モテ塾SENDAIデートレスキュー 参加者募集!】


日時:12月6日(日)13:00~15:00
http://www.artbridal.jp/motejuku/#mousikomi

場所:センダイ自由大学一番町教室
http://www.artbridal.jp/motejuku/#mousikomi

男女が知り合って最初にすることは、『デート』です。

気になる相手をデートに誘う方法や、
次のデートに繋げるためのデートマナーを中心にレクチャー。
出会った恋を確実にモノにしたいあなたのための講座です。

今回は、ステキな男性講師をゲストにお迎えします。
身長180センチ以上、ダルビッシュ似のイケメン、
有名国立大学出身、IT社長。

彼は、デートの達人・女性のエスコートの達人です。
デートの楽しみ方を、徹底的に教えてもらっちゃいましょ~!

デートレスキューのお申し込みはコチラから
http://www.artbridal.jp/motejuku/#mousikomi

婚活モテ塾
http://www.artbridal.jp/motejuku/

  

Posted by しるばーうるふ at 07:51Comments(0)人生

2009年10月26日

成長を妨げるもの





先週末、ある方から学んだので、
自分の言葉で書いてみます。

●長期的快楽をイメージして今を生きるべし。
●自分の「本望」を知る。
●クリティカルパス(最短距離)を歩む。
●人生で大切にしたいものは、希望と時間である。
●自分の人生の意味は、
 他人の人生にインパクトを与えることによって与えられる。
●問題を解決するより、問題が起きないようにすること。
●百聞より一見、百見より一考、百考より一行。
●真の能力を1文で言うと、
 「学んだことを実践し利益に変えてゆく力」である。


【成長を妨げるもの】

「そのことなら、もう知っている」という心。

確かにそうだ。

以上、ほんのサワリのみシェア。

  


Posted by しるばーうるふ at 15:05Comments(0)人生

2009年09月20日

ありえない・・・(^_^;)





明日、数年ぶりに帰郷するのだが、
親戚のホテルが2軒あるのですよ。

ところが、

1軒はホームページ無し。
もう1軒はあるけどしょぼいサイト。

僕が宿泊施設の販促で起業し、
IT分野でもプロなのに、

親戚のホテルが2軒ともこの状況・・・。

楽天トラベルさんや、じゃらんさんでも
販売していないとは・・・。

ありえん(>_<)。

※僕が郷里に無関心だっただけか。


画像、
はうんこ中の次男「龍」(*^^)v
  

Posted by しるばーうるふ at 00:57Comments(0)人生

2009年08月14日

感情がジェットコースターでも。





創業まもないドキドキとワクワクで、

朝昼晩と感情がジェットコースターです(*^^)v。

しびれるな~っ。

ということで、3日前は次男「龍」と水泳。

昨夜は筋トレを久々に行い、次男「龍」とストレッチまで。

長男「大我」は2週間前から、

アメリカはロスアンゼルスでホームスティ中。

この創業の大変な時期でも、いろいろやってます。

大我~っ。無事で還ってこいよ~っ!
  

Posted by しるばーうるふ at 22:21Comments(0)人生

2009年07月17日

パピコちゃん





いつの頃からか、
たぶん今年に入ってからだと思うが、

小5長男と小2次男が、僕のことを、

「 パピコちゃん 」

と呼ぶようになった。
最近になってカミサンも僕をそう呼ぶ。

これは、飼い犬マルコを「マルコちゃん」
と呼んでいる延長線上の言葉の綾だ。

いろんなことがあっても、
ちょっと呼び名をカワイクするだけで、

何か和む。

上手に生きる知恵だと思った。

父の威厳なんていうものは犬に食べさせた。

画像は、
・・・名前忘れた(^_^;)
  

Posted by しるばーうるふ at 22:55Comments(0)人生

2009年07月14日

神は細部に





神は細部に宿るといいます。

木戸さんの本はすべて読んでいますが、
いつも思うのは「神は細部に宿る」です。

彼の著書の特徴は、
引き合い、登場人物、事例、
いずれも「日常の何気ないひとこま」であったり、
「仕事や営業の見逃しそうな心の機微」であったり、
そんな「誰もが共感できる」内容です。

小さくて、みんなが実行できる、些細な「行動」が、
幸せに向けての「大きな舵取り」につながっていることが分かります。
「あたりまえだけどなかなかできない質問のルール」

■話ベタこそ質問上手になれる方法

僕の大切な友人、木戸一敏さんが
質問の仕方を書いた本『質問のルール』を出版しました。

7月14日~15日のアマゾンキャンペーンで購入すると
31人が感動の涙を流した「奇跡の物語」を引き出す
3つの質問シートがもらえますので
この機会にどうぞ⇒ http://www.moeljyuku.jp/amazon/situmon-hon.html

・口下手でも一発で盛りあがる質問とは? 
・一気に打ち解ける質問法 
・一番を質問すると会話が広がる 
・上司の態度が180度変わる質問法
・お客様には要望は何かを質問してみよう
・立ち直りが早い人の質問法 
・職場の雰囲気を良くするプラスの質問・職場での声かけはこの質問から
・仕事を押し付けてくる先輩対策
・年齢差や男女差に関係なく会話ができるコツ
・頼みごとをスムーズに受けてもらえるコツ
・思考がストップした時は立場を変えてみよう
・人生一度きり、やりたいことを見つける質問
・感謝の言葉を増やす質問方法

他87の質問のルールを一挙掲載

▼特典1
一瞬で人生逆転を引き起こす『奇跡の物語』セミナー動画(約60分)

▼特典2
あなたの『奇跡の物語』発見シート集(ナビゲートマニュアル付)

▼特典3
実績ゼロでもOK!売れっ子コンサルタントになれる方法30分音声講座
  

Posted by しるばーうるふ at 09:49Comments(0)人生

2009年06月26日

勇気と元気をプレゼントされました。





何か行動を起こそうとするとき、
ぜひ、やって欲しいことがあります。

それは、その行動に対し、みんなから、
エールをいただくということです。

「今度、こういうことをするので、
 激励の言葉をちょーだいな」って頼むのです。

自分がいかに幸せであるかを感じることができます。
そして、エールを送ってくださる方々へ深く感謝し、
身の引き締まる想いを味わうことができます。

元気と勇気をもらえます。

――――――――――――――――――――――――――


「こんなイイ男に惚れない女はいないでしょう。
 モテる男はどんなことでも成功します」

「行動力・企画力・お人柄、どれをとっても
 魅力的な方です」

「決めるチカラと動くチカラの融合体」

「よく食べ、よく飲み、よく語り、
そして3秒に1回(?)よく笑うひと」

「常に現状を把握し、先を読む一手のアイディアが
 打ちでの小槌のように沸いてくるあの発想には脱帽です」

「友人知人をも自分のファミリーとして大切にする」

「誰にも似ていない唯一無二の『マツオンリー』な魅力がきっと、
 クライアントの皆様の夢と希望の架け橋になることでしょう」

「松尾さんのような人を『男の中の男』と呼ぶのだろうなあと
 いつも感動しています。

「松尾さんは、ぼくの兄貴のような存在です。
 人生の機微をとらえ、磨かれた笑いのセンスに
 お腹がよじれる楽しい時間は、いつもあっという間」

「いつも場を和ませてくださるダンディーな松尾公輝さん
 この世の中も和ませることでしょう」

「ご自身が携わる全てのものに対する愛情。
 いつも、誰も考えない様な発想で周りを驚かせたり、
 きめ細やかな気配りを、さらっと自然になさる」

「”アイディア×実行力”を備えた仕掛けを
 まじかで学ばせていただきました」

「アルコールが入ってのトークでもその独創性と
 仕事に関する真摯な姿勢は変わらず、
 いつもこちらがモチベーションをあげてもらっています」

「松尾さんは、”アイデアを語り確実に実行するために
 最大限の力で行動する人”」


――――――――――――――――――――――――――

ううむ(*^^)v
誉め言葉って、素晴らしい!

いやいや~って謙遜しちゃうけど、
すべてが真実ではないかもしれないけど、

あたたかな「言葉の力」を感じます。


 皆様、本当に
 ありがとうございます!

誰か、僕に「誉めて欲しい」って人がいたら、
遠慮なく、いつでも、何度でもどうぞ!

銀狼
   

Posted by しるばーうるふ at 23:42Comments(0)人生

2009年06月09日

ギャーザ





僕がカミサンのことを書くのは珍しいが、
先日、家族で長距離運転をしていたときのこと。

「仙台に帰ったら餃子が食べたい」と、

車中で連発する妻。

いろんな話題をしながら、
10回目くらいに口を突いて出た言葉が。。。

「ギャー」

これは、どうも餃子(ぎょうざ)と言いたかったらしい。
それだけのことだが、そのときはサイコーに笑った。

しかし仙台まであと50kmくらいになって、
運転する僕に猛烈な「睡魔」が!

カミサンに首をバシッとたたかれて正気に戻ったのだが、
どうやら「 半眼 」になっていたらしい。

本当に半分眠っていた。
「仏様みたいな目になっていた」と言われたが、

マジでお陀仏になるところだった。

そんなこんなでそろそろ梅雨ですな~。

追伸
画像は、不思議な動物。
おもろい。
 
  

Posted by しるばーうるふ at 22:52Comments(4)人生

2009年05月21日

止事





「仕事とは、志事である」

S公認会計士さんから教わった言葉。

そして、
マイミクのうーさんが書いていたのは、

「仕事が、止事になっちゃだめ」

ここ数ヶ月の日記で書いていた松島の事業。
昨日、何とか開業まで持ち込むことができた。

本当におかげさまです。

これで僕は「御役御免」。
先発は終了です。

正直、修行が足りず、やったことの無い飲食と
物販のリアル店舗開発だっただけに、みんなに
心配と迷惑をかけてしまったとも言えるが、

この事業を通じて得たものの大きさに、
将来に渡って感謝することになると断言する!

それにしても、松島○○○館は、施設建設
関連を中心に、Iさんが全面的にハンドリング
してくれたので助かりました。

仕組づくりも、Kさんがいるから安心です。
松島○○○館における○○グループ全体の仕切り
についても、Eさんがいるし。。。

ギリギリの刃渡りでしたがスタッフも最低限の
人数確保できたので、彼ら彼女たちにも幸あれ。

ああ、
よくよく考えてみれば、恵まれた環境だった。

それを相乗効果的且つ、費用効果的に繋ぐ役目が
僕でしたが、充分なインフラとオペレーションの
下地を創ることができたかどうか?

反省は大いにある。
特に段取りの点で。

でも悔いはない。
至らずともやれる限りは尽くしたから。

自己満足は、
ボスから言わせると「一人っ子の欠点」。

それにしても、
普通では経験も体験もできないことでした。

深く熱く感謝します。

志事が終わり、ちょっとだけ止事に入ります。
僕は仕事のストレスは仕事でリフレッシュしたいが、
たまには一般的なリフレッシュもさせてくれ。

銀狼

  

Posted by しるばーうるふ at 22:32Comments(0)人生

2009年05月11日

危険な橋





もう、1時間以上経過したが、
気が付けば今日5月11日は誕生日(*^^)v。

だからこそシビアな日記を書くのも手だなと。

■危険な橋を渡る。
■修羅場をくぐる。
■命を削る。

そんなセルフイメージなど無かったし、共感と納得こそ
自分の環境と人生を変えるキーワードだと思っていた。

自分にできないことは、できる人に任せる。
助け合いと、分かち合いの時代になったんだ。
1人でやるより、みんなでやった方が喜びも大きい。

確かにその通りだが、同じことを言うとしても、
もっともっと高い次元で表現すべきだと痛感する。

なぜなら、それらは「逃げ」や「甘え」にもすり替わるから。
自分しか頼るもののない厳しく激しいシチュエーションこそが、
僕に必要であり、それが劇的成長をもたらすのだ。

この半年、1年は、本当に自分から目を離せない。
必要、必然、ベストなことしか起こらないのだな。

頭で覚えるより、体で覚えないと。

ああ、今日も世界は祝福に満ちている。

happy birthday 僕。

戦う君の歌を~、戦わないやつらが笑うだろう~っと。
(by中島みゆき)

画像は平井和正先生のウルフガイシリーズより。

(それにしてもすごい小説だった。
 僕の十代読書を決定付けたよな。また読みたくなったよ)
  

Posted by しるばーうるふ at 01:22Comments(1)人生