スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2007年02月28日

身体に聞くしかねーな(*^_^*)




口と身体。

正直なのはどっちか?


もちろん、身体ですよね。いや、変な意味じゃなくて。


「百聞は一見にしかず」

「百見は一考にしかず」

「百考は1行にしかず」


う~ん、本質をついた格言三連発ですね。

百、考える暇があったら、ひとつ、実行しろと。


ご存知のように、僕はフルコンタクト(直接打撃制)系の空手をや
っています。
しかも、投げ・締め・間接技ありの、総合格闘系の空手です。

年寄りの冷や水で、32歳を越してから始めたわけですよ。

今、格闘技もかなりメジャーになってきたので嬉しい限りですが、
僕の所属する団体は、一般的にはまだちょっとマイナー。
でも、マニアの間では、「実は、最も実践的」と評される大道塾と
いう団体です。

ま、それは、仙台西支部のHP
http://osada-dojo.com/top/top-f.html
にその詳細は譲るとして、上記の格言に沿って言えば・・・


「すごい蹴りだと100回聞くより、1回見たら?」

「人のやる腕がらみを100回見るより、1回深く考えてみたら?」

「100回考察するより、ローキック1回受けてみたら?
 どんだけ痛いか分かるから」


ちょっと、無理な言い回しですが、そういうことです。


例えば、ストレートパンチひとつとっても。

・どこの筋肉を使うのか?
・狙い当てる場所は?
・何回連続で打てるのか?
・次の日どこが痛くなるのか?
・どのくらい練習すれば身体に染込む?
・相手との相対的距離とステップは?
・足の裏の皮、どの部分が剥けちゃう?
・カウンターをもらわない間の取り方は?
・どの程度のスピードとパワーとタイミングが必要?
・それで、相手にダメージを与えられる?

まぁ、何千何万通りもあるわけですよ。

でもこれは、聞いて、見て、考えて、分かったふりをしていても
屁のツッパリにもならないわけです。

せいぜい、酒のツマミになる程度。


つまり、身体を教育しなければ「実践で役に立たない」のです。


だから、


「やってみる」しかないのです。


そう、


「身体に聞く」しかないのです。


なにしろ、本当に体は正直ですよ~っ。
(実感こもってるでしょ)


※例によって、写真はあまり関係ありません(*^_^*)
  最近いいなと思ったグラビアアイドルです。

   

Posted by しるばーうるふ at 20:39Comments(1)からだ

2007年02月26日

仕事に忙殺される愚かさを知る



目の前の仕事に忙殺される愚かさを知る


優秀な人に、考える時間を与えないことは、中長期的に
大変な損失を招きます。


優秀だから、忙しい部署でも「成果」をあげるでしょう。
月間売上のレコードを毎月叩き出すでしょう。

しかし、彼に考える時間を与えていれば、近い将来、
そんな月々の売上など及びもつかないほど「莫大な利益」
をもたらす可能性があることを知るべきです。


優秀だから、いずれ「退社」することになるでしょう。

しかし、彼が退社しても、彼の構築した「儲かる仕組み」は
会社に残るのです。


彼が退社して困る、その理由が「月々の売上が減る」程度の
話であれば、それはたいした問題ではありません。


昔は「走りながら考えろ」とか言ってましたね。
でもそれはあくまで「昔」のやり方です。

戦略もなく、ただ足を使っても、まったくの徒労に終わると
いうのが、今の時代なのです。


根性論は、まったく通用しない時代なのです。


ですから、優秀な人に、優秀だからと言って、山のような
仕事を与える愚かさを知る必要があるのです。


優秀な人が、目の前の仕事をこなすことに忙殺されていると
いうのは、会社にとって損失以外の何者でもありません。


残業を止めて、戦略を練り直す!

チャレンジの価値は計り知れません。


雑感でした~っ。

 
※写真は、僕が好きな「蔵王純和豚のハム」です(*^_^*)

 

  

Posted by しるばーうるふ at 20:59Comments(0)しごと

2007年02月19日

愛と知恵、そして勇気で突き進むのみ!



愛と知恵、そして勇気で突き進むのみ!

いろんなご縁で、たくさんの仕事を展開しているのですが、
加えて、このたび、有り難くもかしこくも、あるITベンチャー企業
の取締役に就任させていただくとこになりました。

その会社の改革が進めば、僕の理想とする事業展開が可能になる
というやりがいある仕事です。


改革はとても大変ですが、そうそう経験できることではありません。
超・貴重な体験となりそうです。

さらに僕には、ESという若きビジネスリーダーがついていますし、
およそ考えられる、最高にして最強のタッグを、僕らは結成しています。


スタッフは東京にいて、人数は十数人。

でも考えてみてください。

経営トップが入れ替わり、面識も実績もよく分からない人(僕)が、
経営サイドから送り込まれて来たのです。

彼らにしてみれば、まさに戦々恐々ですね。


この2週間で東京へは泊まりも含め2回訪問しました。

再構築はまだ始まったばかり。

でも、稽古不足(事業の再構築)を幕(顧客と市場)は待ってくれ
ません。


僕としては、

  誠実を尽くすしかありません。

  実力を示すしかありません。

神様のキャスティングですから、僕にとっても彼らにとっても、今
回の出会いは、

 必然にして必要なことであり、

 きっとベストなことなのです。


彼らの能力と人柄は、実に素晴らしいものです。
そして僕の発想とパワーも、我ながらすごいと思います。

だから、僕と、彼らは、その役割と使命を果たすため、
以前メルマガでも紹介したマザーテレサの言葉に、耳を傾ける
のがいいようです。(神田昌典さん監修だったと思う)



 「それでも、僕は・・・」

 1、人は不合理、わからず屋で、わがままだ。
   それでも、愛そうじゃないか。

 2、何か良いことをすれば、自分のためにやったんだと、
   人はあなたを批判する。
   それでも、良いことをしようじゃないか。

 3、もしあなたが成功すれば、偽者にせものの友人
   そして本物の敵が現れる。
   それでも、成功しようじゃないか。

 4、今日、行った良いことは、明日には忘れられる。
   それでも、良いことをしようじゃないか。

 5、誠実で、そして正直であれば、あなたは傷つくかも知れない。
   それでも誠実で、そして正直であろうじゃないか。

 6、大きな理念を抱く大きな人は、
   小さな心を持つ小さな人に撃ち落される。
   それでも大きな理念を抱こうじゃないか。

 7、人は弱者に同情するが、結局、強者になびいていく。
   それでも、少数の弱者のために、戦おうじゃないか。

 8、何年もかかって築き上げたものは、
   一夜にして崩れ去るかも知れない。
   それでも、築こうじゃないか。

 9、助けを必要としている人を、本当に助けたら、
   あなたは攻撃されるかも知れない。
   それでも、助けようじゃないか。

 10、持っている最高のものを、世の中に与えたら、
   自分は酷い仕打ちを受けるかも知れない。
   それでも自分の最高のものを、世の中に与えようじゃないか。


いい感じです(*^_^*)


  あくまでも謙虚に、そして明るく

  「イッツアショータイム!」


  愛と知恵、そして勇気で突き進むのみです!



  

Posted by しるばーうるふ at 09:09Comments(0)しごと

2007年02月12日

「スイッチオン!」



スイッチオン!


僕の好きなテーマです。

さて、人というものは、環境で作られます。
環境でしか、人は変われないのです。
自ら変わることのできる人は稀なのですね。

でも、その「環境」を作るのは
自分自身であるという自覚は持たなくてはね。


しかし、僕は常々思っていることがあります。

●なぜ倒産・破産した人で、その後、大成功できる人が多いのか?

●なぜ身障者の子供を授かった親が高い精神性を身に付けるのか?

●そしてなぜ大病を患い、生死の境を彷徨った人の中から、その後
 の人生を自分らしく生きることができる人が出てくるのか?



裁判・選挙・破産・離婚。

この4つを経験した人は、
人間とは?の問いに答えることができる可能性が高いと思います。


つまり、彼らと、そうした事が未経験の人達の間には、
何か「気づき」の差があると思うのです。


それは、多分、「自己と真剣に向き合ったかどうか?」です。

自分が誰で、何が好きで、何をしたいのか?

自分の役割と使命は何なのか?


普通の人は、ホントに漠然と
「私は私、疑問もない」のだと思います。

真に自分と向き合った経験がある人は実のところ少ないのです。


そう、何かが無ければ、気づけないのが人間です。
人は、何かがあって初めて「変われる」のだと思います。


破産も大病も不遇も、「自分に気づく」ための、神様からの贈り物
なんでしょう。


「スイッチオン!」


そのとき、あなたのスイッチがオンするのです。

ようやく、オリジナルの電源が入るのです。

何が一番大切なことで、何を成すために生まれてきたのか?

やっと目覚めて、すべてがクリアになるのです。


でも、何かがなければ、生涯スイッチが入らないまま、
一生を終えるのです。

ちょっと切ないよね。

実際に、つらい経験を、僕自身はしたことが無いので、誠勝手な言
い様ですが、目に映るもの耳に入るものすべてに意味があるのでは
ないかなどと思います。


あなたの夢からのメッセージは、きっと毎日毎日、何十通何百通も
届いているはずなのですから。



届いたメールと手紙は、開封しましょう。


  

Posted by しるばーうるふ at 23:21Comments(0)こころ

2007年02月11日

得たい結果の出し方



「御飯を食べさせたかったら」


クイズです。

「子供に御飯を食べさせたかったら、どうしますか?」


子供にもっと食べて欲しいときがありますよね?


いっぱい食べて、大きくなって欲しい。
逞しく育って欲しい。
ますます健康でいて欲しい。

でも、日によってですが、食べないときがあります。

だからといって、

「ちゃんと食べろ!!」

「全部食べて!」

と叱っても、思うように食べないですよね?



さて、どうしますか?




まー、引っ張っても、拍子抜けするような話なので、答えを言いま
しょう。


  食べろ、食べろという前に。

  子供に運動させましょう。



真理だなー。



運動すれば、黙っていてもメチャクチャ食べます。

適度な運動を行うということは、本当にいいことだらけです。



考えてみると、当たり前です。
道理です。「北風と太陽」です。

温かくしてあげれば、脱ぎますわね。


物事は、当たり前に考えるべきなのです。

さて、ここで一捻りしてみます。



「強要するのではなく、そうせざるを得ないようにする」

という考え方は、どんな場面でも言えるのではないでしょうか?


つまり、得たい結果に到達するために、一見、遠回りに見える方法
でも、確実な方法がありはしないか?っていう事。



例えば、東洋医学は事前の体質改善を主眼としているのに対し、西
洋医学は対処療法だ、というように言われます。

発症した疾病や、怪我に対して、「その時、その場で対処」しよう
とする西洋医学は、運動もさせずに食べろと強要するのに似ていま
すね。

もちろん、ケースバイケースです。
東洋が良くて、西洋が駄目という話ではありません。
そのときの最善を尽くすことに異論はありません。


ただ、得たい結果に対して、遠回りに思えても「確実」な方法が存
在する、という考え方は、すべからく大事だよね、って話です。




夢を叶えるにしても、ただ大声を上げて嗄らして騒いでいるだけで
はどうしようもありません。


パートナーと仲良くなるにしても、思っているだけで、何の行動も
伴わなければ効果は見えません。


仕事での新規開拓にしろ、既存受注の額拡大にしろ、「対処療法」
だけでいいのでしょうか?ってこと。



得たい結果に対して、

「遠回りに思えても【確実】な方法が存在する」

としたら、そこを思案・熟考し、行動したらいいと思いますよ。




「原因と結果には法則があります」


(どこかで聴いた台詞?)



背中が痛いからといって、指圧のツボが背中付近にあるとは限りま
せんね。  

Posted by しるばーうるふ at 21:27Comments(0)からだ

2007年02月10日

飲んでみたいと思いませんか?



僕はただの飲み会がカッコイイと思っていたのですよ。

RITSUKOさんや後藤君と話していて、僕らつながりの

中山先生(キキダスマーケティング)と
木戸先生(スーパー営業コンサルタント)の

お二人を仙台に呼ぶなら、ただの飲み会がカッコイイと。


「仙台で新年会やりましょうよ」


僕らの一言で、両巨頭、ビッグメンズ、メンターズが
来てくれるなんて、最高にカッコイイじゃないかと。

選ばれた人たちだけのスペシャルナイト!

なんて贅沢なんだろうか!


・・・でも、やはりそーゆーわけにはいかんですよね。

GIVE&GIVEを標榜する僕らが、独り占めしちゃいかん!

いいことは、みんなにもお分けしなくちゃね。

というわけで。


※キキダスマーケティングの中山マコトさん
http://blog.livedoor.jp/mac3939/archives/2003-01.html

※転職100回!!スーパー営業コンサルタントの木戸一敏さん
http://41.1-eigyou.com/

そして、僕の同志の、

出会いと進化の手品師さん
RITSUKOさん
sayuちんMylove

はじめ、みんなで飲もうじゃないの!


案の定、このBIGな2人が来仙すると噂を聞きつけた人達が
「私も!俺も!参加させて~」ってことに・・。

じゃあ、大盤振る舞いだよ。

「中山+木戸ペアのセミナー付」

にしましたよ。

しかも、セミナー代はいらないよ

セミナータイトルはこれ▽

『自分らしさを発見し劇的に生き方変える!』

このおふたりのセミナー。

本来なら、○十万単位のお値段がつくこともあるんだよ。


さらにさらに、

RITSUKOさんと、マジシャンが進めていた、
「美女と野獣の会」というのがありまして、

(僕は「みちのく成獣会」でいいんじゃないかと言ったんですが)

その決起集会にしようという大胆不敵な会合になりまスた!



『美女と野獣の会』 
美女は女子部/野獣は男子部

日時:2月20日(火)19時~20時半
場所:アライブワン
   仙台市青葉区本町1丁目9-5 五城ビル4F
   http://www.alive-one.com/room.html 
   TEL:022-725-1006
  
セミナー:中山マコト・木戸一敏
「自分らしさを発見し劇的に生き方を変える!』      


その後は、もちろん懇親会(こちらがメイン)

夜遅くまで中山+木戸ペアと飲める!
この価値は計り知れませんね~っ。


でも、今回は限定20名です。
(大人数は、もう飽きたです。ごめんね。)


以下、業務連絡はRITSUKOさんのお言葉で。。。


(ここから)
 
さて、参加してみたいな~という方にお願いがあります。

今回は、もともとセミナーが基本ではありません。
上質な出会いを分かち合う美女と野獣の懇親会がメインです。

ですので、費用も中山+木戸ペアの交通費と宿泊費を
参加者で均等に担するという考えで行います。

ですので、参加費用は8千円~1万円を見ております。
(当然懇親会費込みです)

※セミナーのみの参加は受け付けておりません。

そして、ダイヤモンドプロジェクトの考え方を
http://www.kikidasu-m.com/
ご確認いただいたうえでご参加いただきたいことと、

『美女と野獣の会』の参加を希望するもしくは
検討されるという方を対象とさせいただきます。

ご確認の上でのお申し込みはコチラまで

info@e-touhoku.com

「『美女と野獣の会』懇親会参加」と書いて、
お名前、連絡先、意気込み、この企画を何で知ったか?
を書いてお申し込みくださいね。

すでに数名お申し込みいただいております。
定員になりしだい締め切らせていただきますのでご了承ください。

(ここまで)


で、美女と野獣の会の説明は以下。

(ここから)


───────────────────────────────
◆ 「美女の会」のお知らせ!
───────────────────────────────
【 美女の会 】 発足!!

あなたは、もらった名刺を無駄にしていませんか?

「こんど、一緒に何かやりましょう」
「こんど、ご連絡します」
「こんど、食事でも」

この言葉が現実になったことってありますか?

私は仕事で、たくさんの元気な女性達と知り合います。

すでに起業して十分な成功を収められている女性。
会社を立ち上げたばかりで、目標に向かって挑戦している女性。
もっと、素敵な女性になりたい!これからスタートを切る女性。

みんな、叶えたい夢があって、まっすぐに努力をしているんですね。
でも、独りで走り続けるのは、つまらないし、不安もいっぱいになる。

誰かに支えてもらいたい、誰かに聞いてもらいたい。

そんなとき、助け合える仲間がいたら・・。
そんなとき、励まし合える仲間がいたら・・。
そんなとき、頑張りを認めてくれる仲間がいたら・・。

夢を叶える速度が、急激に加速していくはずですよね。

そんな女性達の場所を作るため、【 美女の会 】を発足しました。

★【 美女の会のコンセプト 】

「美女の会」そうです、直球勝負のネーミングです。
‘美女’と‘ビジョン’を掛けました。(ダジャレです^^)

ここで表現している「美女」とは、顔立ちやスタイルのことではありません。
『しっかりとしたビジョンを持った美女達の集まり』ということです。

自分のありのままを受け入れ、ありのままを愛している。
そして、明確なビジョンを持って何かに真剣に打ち込む。
そんな‘一生懸命オーラ’が、女性を輝かせて美しくするのだと思います。

★【プロフィールをお願いします】

・メールアドレス
・現住所(RITSUKOだけが管理、会員証を送付します)
・携帯電話番号(RITSUKOだけが管理します)
・あなたの得意なこと
・あなたが困っていること

★【こんな人を求めています】

起業家・起業家を目指す人・学生・OL・専業主婦も大歓迎。
未婚・既婚・年齢も問いません。

・夢と目標を持っている(持ちたい)人
・GIVE GIVE精神の人
・アンテナの高い人
・出会いと学びを求める人
・本当の親友がほしい人

★【主な活動】

・化学変化がおきそうな、会員同士の引き合わせ
・月1回の勉強会(仙台・東京など)
・各地でのセミナーやイベント開催
・男子部「野獣の会」との交流

【 美女の会 】に入りたい人は、こちらまでメールをくださいね。

artbridal@mbm.nifty.com
───────────────────────────────
◆ 「野獣の会」のお知らせ!
───────────────────────────────
【 野獣の会 】 発足!!

あなたの中に潜む「野獣」の勇ましい前向きな心をむき出しにできる
同じハートの集まりを目指します。

★【 野獣の会のコンセプト 】 ※美女の会と一緒です。

ここで表現している「野獣」とは、顔立ちやスタイルのことではありません。
ココでそのコンセプトを見事に表現しているものに出会いました。

「仕事のヒント」神田昌典365日語録より。

野獣でありながら、深く優しい。
男性性と女性性をあわせ持つことがカリスマになるための秘訣。

あなたは自分のなかの女性性を愛しているか?
男性性を愛しているか?
多くの人は自分自身の弱いところを抑圧している。

弱いところを抑圧すると、自分自身の強いところも十分能力を発揮できない。
抑圧するのではなく、それを認めることで、
自分自身についての理解が深まり自由になる。
あなた自身が輝くようになるのだ。

★【プロフィールをお願いします】

・メールアドレス
・現住所(私後藤だけが管理、会員証を送付します)
・携帯電話番号(私後藤だけが管理します)
・あなたの得意なこと
・あなたが困っていること

★【こんな人を求めています】

起業家・起業家を目指す人・学生・サラリーマンも大歓迎。
未婚・既婚・年齢も問いません。

・夢と目標を持っている(持ちたい)人
・GIVE GIVE精神の人
・アンテナの高い人
・出会いと学びを求める人
・本当の親友がほしい人

★【主な活動】

・化学変化がおきそうな、会員同士の引き合わせ
・月1回の勉強会(仙台・東京など)
・各地でのセミナーやイベント開催
・女子部「美女の会」との交流

※美女の会は、世界規模で続々美女が集まっています!!
 野獣の会も、それに続け~!

【 野獣の会 】に入りたい人はこちらまで、メールをください。

info@e-touhoku.com

★【 野獣の会 】代表
出会いと進化のマジシャン 後藤光正
http://blog.livedoor.jp/magic510/archives/50591340.html


(ここまで)


そして、なぜか、僕も、言ってないのに「野獣の会」に
入っているようです(*^_^*)


今回は、この長い日記を読んだ人に、乾杯!


 
※写真は、もう7年くらい前の僕の長男君が写っています。
 一番「左」で泣いてますな~っ(*^_^*)  

Posted by しるばーうるふ at 11:15Comments(0)ゆめ

2007年02月09日

「最も大きな成功を手に入れる」




僕が常に意識するゴールデンルールは・・・。

「他の人に貢献したとき最も大きな成功を手に入れる」

というものです。

とあるWeb関連会社で、なるほどと思うビジネスの
手法がありました。


(ちなみに現在は、以下の内容から事態が変化して、
 また、新しい展開をしている会社です)


もとい、

ひと言でいうと、

「あなたのHPを無料でお作りします。」

というもので、

「その代わり、あがった収益の数%をキックバック願います。」

ってわけです。


他人のビジネスがうまくいくように貢献したときに、
最も大きな成功を手にするのです。

「あなたのHPを無料でお作りします。
 その代わり、あがった収益の数%を
 キックバック願います。」

という手法は、そうした考え方に合致していますね。


他人のサイトですが、そのサイトが儲かることに全力を
尽くせば、結果、自分も儲かるのです。


まさに「お互いハッピィ」です。



★蛇足ながら付け加えると、イニシャルコストがかかるより、ランニ
 ングコスト内で賄いたいと思う会社や業界があること。

★特に、儲かるかどうか不確定の場合は、「発生ベースでの課金」
 に対しては寛容になる場合があること。

★結果、イニシャルでかける数十倍のコストが発生しようとも、初
 期投資が回収できないリスクが無い方がいいと思うのです。

 発生ベースである限り、リスクは無いのですから。


発生ベースで商売ができる自信のある方は、お取引先に
提案してみてはいかがでしょうか?


 「フルコミッションでやりますよ!」


これは、かなりのインパクトがあるはず。

是非、話が聴きたいと言ってくる会社は多いと思います。


そしてこの話の最大のポイントは、

    「毎月のベース売上を確保する」

という部分にあります。


今月どうしよう、来月も厳しそうだ・・・、
そんなことを言っている事業や企業は、永遠に自転車操業
から脱出できません。


●フルコミッションで、必要且つ充分な数の企業と契約し、

●毎月の売上を半自動的に構築することで、

●ベースとなる充分すぎる収益を獲得する。


そうしてはじめて「次の手を考える」事業展開ができるのです。

日々、厳しい事業展開をしていては、次の手を考える余裕は
ありませんね。


次の手を考える余裕がある人だけが、高いステージに行きます。


※写真は、先日の猪突猛進会のときのものです。
 思い返すも楽しかった!  

Posted by しるばーうるふ at 00:13Comments(2)

2007年02月06日

突き放す技術体系



動ける身体づくりは、ビジネスパーソンにとって不可欠です。

ということで、今年「初」の空手稽古に行きますた。

まだ12時間しか経っていませんが、腕をメインとして
筋肉が大変なことになりつつあります(泣)

僕の通っている道場の空手は、投げ・締め・間接あり ですが、
月曜のメニューは「一般メニュー」で、打撃のみの練習。


打撃のみとは「相手を突き放す」技術です。

柔道は「相手を引き寄せる」力が重視されますが、
空手は「突き放す、いなす」そんな技術体系です。


だから、今回は押すための筋肉が痛くなりますな。


すかす、身体は正直ですね~っ。
なまりまくってますたよ~っ。

準備運動と基本稽古が終わった段階で、
僕の「なまった身体」が悲鳴をあげますた。

視界が狭くなり、冷や汗も出てきて、10分ほど休憩(疲)


なんとか復活して、シャドウ20分、サンドバックフリー
を15分、ラウンド15分、最後は対人稽古まで持ちました。

で、

筋肉痛がスタートしています。
明日いっぱいは、大変でしょう(*^_^*)

でも、

動ける身体づくりは、
ビジネスパーソンにとって不可欠です。



明日は東京に行き、これから苦楽と共にする若く優秀な
スタッフたち14名と会ってきます。


エネルギッシュな心と、パワフルな身体が肝心ですね。

 

  

Posted by しるばーうるふ at 10:16Comments(0)からだ

2007年02月04日

「ありがとう」と「ごめんね」を繰り返して生きる



例えば

「ため息を1日1000回」して生きるのと、

「ありがとうと1日1000回」声に出して生きるのと。



どちらがいい人生になるかは、火を見るより明らかですね。

誰だって結論づけることができます。


人生を豊かに、心穏やかに、楽しく暮らす秘訣は、

ミスチルの桜井君ではないですが、

「ありがとう」と「ごめんね」を繰り返して生きることです。


おそらく間違いないでしょう。

キーワードは「感謝の心」です。


生理学的観点で脳を見た場合・・・

◆脳は、与えられた不合理を、どうにか解釈しようとします◆


つまり、

「ありがとう」と声に出して何度も言っていると、

脳としては、「何故、ありがとうなんだ?」ということに、
何らかの解釈を勝手に創り出すよう働くのです。


「そうか、○○○だから、ありがとうだよね」

と勝手に解釈をつけてしまいます。

脳には、正邪も賢愚も区別がつかないですから、

悪い言葉を使っていると、そのとおりになります、
いい言葉を使っていても、そのとおりになるのです。


これが脳の構造です。


世の成功法則は、そうした脳の構造を積極的に活用したもの
なのですね。
  

Posted by しるばーうるふ at 11:51Comments(2)こころ

2007年02月03日

伝説の夜




今週火曜日、伝説の夜が、またひとつ終わりました。

「猪突猛進会最高の夜が終了!」

場所は、楽天トラベル北海道東北地区、顧客評価第一位、
湯主一條様
 http://www.ichijoh.co.jp/

にて、実施したわけですが、平日でみんな明日仕事なのに、
よくぞ参加してくださいました~。

僕も首謀者3人のひとりとして、
着物にて仕切りました~。

参加メンバーは以下!!!

1 鈴木D(テレビ制作ディレクター)
2 渡辺LP(ラインプロデューサー)
3 中野猿(ある広告会社営業のエース)
4 エスツー須藤さん(仙台ITベンチャー社長)
5 ナフメディア内藤さん(郡山のIT企業社長)
6 マジシャン後藤くん(広告制作会社)
7 クラーク山ちゃん(社会保険労務士)
8 花巻の女神さゆちん(IT企業とレストラン経営)
9 エスツー加藤さん(仙台ITベンチャー室長)
10 ほっしー(グラフィックデザイナー)
11 わかばやしく畠山氏(河●新報の変な人)
12 県庁の星 山崎さん(県庁の企業育成の人)
13 小澤女性取締役さん(東京IT企業の取締役)
14 Tシャツ相澤さん(ブランドTシャツの社長)
15 年下の女神サクチン(かわいい外部スタッフデザイナー)
16 おちびちゃん(スタイリスト)
17 リゾート松尾(本人)
18 エターナル久美さん(プランナー&コピーライター)
19 コスモ五十嵐さん発起人(最強のビジネスマン)
20 佐藤GM発起人(最強の資本家で戦略家)
21 アプリ伊藤君発起人(新人営業)
22 渡辺一馬君(仙台の学生を束ねるベンチャー社長)
23 湯主さん(一條館主)
24 ベンチャーキング幸野社長(東京のIT社長)
25 辰巳さん(設計意匠人)
26 芦名●ちゃん(女優=来年ハリウッドデビュー)
27 森の賢人ただき氏(クラフト職人)
28 太陽の化身松本氏(工事も取り仕切る家具屋で哲人)
29 太陽の勇者鈴木君(その職人さん)
30 ウォンビン吉田氏(フォーバル支店長)
31 スパイダー岡さん(グラフィックデザイナー)



ま~、たいした面子です(*^_^*)
(名前出してごめんね)

いろんな化学変化があったかな?




それにしても、2次会参加率の良さ(しかも深夜2時まで)
はすごかったし、部屋に戻ってからの雑談も面白かった。

結局、風呂入って、寝たの5時30分ですよ。。。

僕としては、●くち●の膝枕と、
●ゆち●を、僕の●●●に乗せたことが思い出やな~。


(乗せたのは、くるまですよ、車(*^_^*))  

Posted by しるばーうるふ at 02:33Comments(0)ゆめ