スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2013年07月29日

あと10名様ほど募集します♪【どう変わったか、変わらなかったか?】


本日は、ブランド・サルベージ代表
松尾公輝が執筆させていただきます♪



さゆり&こうきプレゼンツ(^^)
ある企業の2年間の取り組みと悲願達成一挙公開
ブランド・サルベージで業績向上♪

7月31日(水)19時から
(って明後日じゃん(笑)、あと10名様ほど募集します♪)


僕は常々「部分最適」では
効果は限定的と言っています。

何事も「全体最適化」を図る必要があるのです。

コンセプト無しでホームページは触れませんし、
目的と連携なしで名刺を刷新することはできません。

逆に言えば、ホームページや名刺を刷新するためには、
会社全体の良さや強みを再認識、共有する必要があります。

どんな小さなツールを作成するにも、
事業全体を貫いた1本のストーリーが欲しいのです。

企業や事業の大小は関係ありません。


経営者、役員、幹部社員、広報部のあなた。
また、経営者を顧客にされているあなた。


8名のブランドコンサルタントの中から今回は、

畠山さゆりと、松尾公輝が
ツインボーカルで語ります(^^)

人も会社も人柄や物語に
共感していただく事にフォーカスして生きる時代♪

貴社らしさを販売戦略の
要にする仕組みづくりについて。。。


【ひとつの事例に絞って詳細にじっくりと♪】

新安比温泉 静流閣様が、
この2年でどう変わったか、変わらなかったか?

2013年3月

誰もが実現を疑問視した
「大きな目標売上達成」を成し遂げました。

とは言え、
すべてがうまく機能しているわけではありません。

このセミナーでは、
うまく行っていないことも含めてお話しします。


【セミナー内容ラインナップ】

・宿コンセプト立案
・新キャッチフレーズ決定
・経営理念策定
・行動指針策定
・営業名刺用プロフィール作成
・ホームページ全面リニューアル
・コンセプト料理開発「冷えとり美人食プラン」
・ダンデリオンブック(コンセプト冊子)制作
・コンセプトアクセサリー

 1. 泉質の希少性、立地の優位性を
  最大限に生かした独自性の訴求。
 2. 女将はじめスタッフのキャラクター展開による
  「親しみとぬくもり」の演出。
 3. 顧客データ活用によるリピーターの創造。
 4. 話題性のあるメディア活用と、イベント展開。
・業務の仕組みづくり
 行動予定表による差額対策とメールフォロー

?当月から3カ月の目標数値と現時点での計上数字
?3カ月に対応した、昨年実績の数字
?目標との差額数字
?差額に対する見込案件名と売上予測
?先週の活動に対する反省と成果
?今週の重点活動内容
?翌週1週間+3日間程度のタイムテーブルと営業内容
?訪問件数実績
?先月までの累積実績数字と累積目標数字、および達成率

・パブリシティー実績
・毎月のセクションミーティング
 営業、売店、厨房、接客、フロント・予約、社長・女将面談
 ※各セクション毎に、毎月の課題やテーマを設定して進捗関与
・社内キャンペーン関連
・「お客様の声」収集強化
・営業販売商品のプランアドバイス
 春夏秋冬の団体、グループプラン
 および、ネットを中心とした個人向けプランの精査
 全セクション参加の「地域ローラーセールス」への関与


女将さんである橋本英子さまを中心に、
全社一丸となって取り組んできました。

(1)販売促進企画実施の全体設計
(2)販促ツール関連の企画・進行
(3)各種メディア関連の企画・進行
(4)各種イベント・キャンペーン・タイアップの企画・実施
(5)WEB販促関連の企画・運用
(6)販売促進分野の社内業務と意識の定着・指導・管理業務


新安比温泉 静流閣様が、
この2年でどう変わったか、変わらなかったか?

このセミナーでは、
うまく行っていないことも含めてお話しします。


お勘定が「感情」に左右される共感性社会!

●人は好きな会社から買いたい。
●人はお気に入りの商品を買いたい。

会場でお会いしましょう!


2013年7月31日(水)

開場 18:30
開始 19:00
終了 21:00

場所:エルソーラ仙台28階 大研修室
〒980-6128 仙台市青葉区中央1丁目3-1 アエル

受講料/2,000円(安い(^^))


フェイスブックの方はイベントページの
参加ボタンを押してくださればお申し込み完了です♪
https://www.facebook.com/events/577771555579217/

それ以外の方は
以下のフォームよりお申し込みくださいませ。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=172065



――――――――――――――――――――――――――

IT戦士な菜食美ずん社長
畠山さゆり(花巻)

マクロビオテックレストランと制作会社と農業を営むスーパー
経営者。「美、食、健康、癒し」美人分野のエキスパート。

株式会社 惣兵衛
代表取締役

デザイン部 Bee Creative A,C.
無農薬ひとめぼれ惣兵衛米
Sobe's Cafe(花巻)
Sobe's Deli Cafe(盛岡)

会社名でもあり、
先祖代々伝わる惣兵衛の「惣」は「物」と「心」でできています。

あなたと会社の魅力を物心両面からサルベージすることで
本来の使命、あるべき姿がきっとみつかります、

あるべき姿、それは必ず「美」をともないますね。

自分ではわかりにくい自分の魅力を
ブラコンと一緒にサルベージしていきながら
物心両面から経営美人になって使命の道を邁進しませんか?

★座右の銘「小さくまとまるな」
★口ぐせ「物事がひとりでに解決することは絶対にない」
★ポリシー「やる気に頼らず、仕組みをつくれ」
●出身:岩手県花巻市
●血液型:A型
●趣味:読書 
●得意な事:史上最強のポンチ作家(ポンチとはラフデザインとも
いいます)
●好きな事:ひとり旅
●好きな言葉:愛とは怖れを手放すこと
●好きな作家:中村うさぎ 桐野夏生 東野圭吾 内田樹
●好きな音楽:Crimson Collection 
●好きな本:史上最強の人生戦略マニュアル 愛とは怖れを手放す
こと
●尊敬する人は 水島広子 岡部賢二 マザーテレサ
●目指す人は 未来の自分

――――――――――――――――――――――――――

商売とは相思相愛を探し出逢う旅
松尾公輝(仙台)

ネットとリアル両面からの 戦略プロデュース&販促アドバイス。
社員、取引先様、お客様の「両想いビジネス」を 提唱実践する
共感商売人。

株式会社 乾杯・KANPAI
代表取締役

今、あなたが3年かかると思って取り組んでいることが、
もし、1年で達成できるのだとしたら、
そのことで、どれだけの人たちを幸せにできますか?

勉強家で、実践力があって、人柄がいい者同士、
あなたとお付き合いがしたいです。

★座右の銘「商売とは相思相愛を探し出逢う旅」
★口ぐせ「やり方より、あり方」
★ポリシー「競争より、協奏であり、共創」
●出身:秋田県鷹巣町(現・北秋田市)
●血液型:A型
●趣味:格闘技とその観戦、乾杯
●得意な事:書くこと
●好きな事:しゃべること
●好きな言葉:両想い
●好きな作家:スティーブンキング
●好きな音楽:浜田省吾 
●好きな本:超・営業法、鏡の法則
●尊敬する人は畑正憲と道場六三郎
●目指す人はジャッキーチェンと志村けん




★「楽しさが業績に変わる!」
中小企業の良さと強みを見つけたい方へ
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/
ヒラメキ無料メルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/mm.php  

Posted by しるばーうるふ at 22:47Comments(0)しごと

2013年07月21日

うちの会社はいくら借りられますか?

お幸せ様です。

非常識な公認会計士の椎木です。

毎日、雨が続いていますね。

雨が降っているだけで、気分が滅入る人もいるようですが、雨が
ふらなくても元気、雨が降っても元気でありたいものです。

さて、前回は、

「税務調査もコミュニケーション次第」

と題して、東日本大震災後2年が過ぎ、
本格化してきた税務調査への対応方法をお話しました。


今回は、「うちの会社いくら借りられますか」と題して、
資金調達のツボについてお話したいと思います。


これから起業する人はもちろん、すでに何年も経営をしている人からも、
よく資金調達の相談をされます。

その際に、経営者が最初にいうのは、

「うちの会社はいくら借りられますか?」

という言葉です。


私の返事は、

「いくら必要なのですか?」

何か、禅問答のようになってしまいますね(笑)。


資金繰りに困った経営者の方は、とにかく、

「お金が足りないから、お金を借りなければ」

という思いで、相談に来ます。


お金を借りるときに大切なポイントは、2つです。


1.何のためにお金が必要なのか?

2.借りたお金をどうやって返すのか?


この2点をいかに説明するかに、資金調達の成否がかかっています。


逆の立場になって、お金を貸す金融機関になってみれば、この2点を
確認しなければ、融資ができないわけです。



1.何のためにお金が必要なのか?

事業をしていれば、何かとお金が必要です。

自分の会社が何のためにお金が必要になったのかを、理解していない
ケースがよくあります。

お金が必要な主な理由は以下の5つ

 (1)運転資金
 (2)設備資金
 (3)季節資金
 (4)突発的な損失補てん資金
 (5)経常的な赤字補てん資金

以下、それぞれを詳しく見て行きましょう。


(1)運転資金

 事業をするということは、
 材料を仕入れて、
 商品を作って、
 商品を売り上げて
 売上代金を回収するということです。
 
 お金の流れを説明すると、
 材料代を先に払って、
 商品をつくるために人件費や諸費用を先に払って、
 商品が売れるまで、広告宣伝、販売促進活動を行なって、
 商品が売れたら、売上代金の回収まで待つということです。

 ほとんどの業種では、お金が先に出て行って、
 お金の回収はあとになります。

 業界の慣行や、仕入れ業者とのチカラ関係、
 売上先との関係によって、
 実際の必要な運転資金は様々です。

 必要な運転資金は、自社のビジネスモデルを理解すれば、
 計算出来ますので、金融機関も、
 比較的融資をしやすい資金になります。

     

(2)設備資金

 事業をする上では、
 事務所を構える、店舗を作る、
 工場が必要になる、機械が必要になる。

 などなど、設備を購入することが必要になります。

 自己資金の範囲内で、設備投資が出来れば理想的ですが、
 そんな余裕がある会社は多くはありません。
 
 事業環境の変化はめまぐるしいので、
 目の前にきたビジネスチャンスをつかむためには、
 このタイミングで、設備投資をしなかればならない、
 あとでは、遅いということもよくあることです。

 つまり、設備資金を借りるということは、
 別の言い方をすれば、時間を買うということにもつながります。

 設備資金は、必要な設備の見積書をとることによって、
 必要な資金額は、判明します。
 
 実は、金融機関としては、設備資金が一番融資がしやすいです。
 なぜなら、彼らにとっては、稟議書が書きやすいからです。

 

(3)季節資金

 一般的には、賞与の資金と納税資金などが季節資金と言われます。
 年間での資金繰りは、プラスになっていて、資金が回っているが、
 賞与の時期や、納税の時期に一時的に多額の資金が必要になる場合に、
 借入をするものです。
 
 税理士の立場からすると、
 賞与も税金も利益のなかから支払うものなので、
 毎月の利益を積み立てておいて、
 賞与や税金を支払うというのが理論的と考えてしまいますが、
 金融機関の方は、季節資金も比較的出しやすいと考えているようです。


 
 
(4)突発的な損失補てん資金

 得意先が倒産して、売掛金が回収できなくなってしまった。
 工場で事故がおこって、設備が壊れてしまった。
 事故や災害で、商品が損傷してしまった。
 などなど、事業には、突発的な損失のリスクがつきまといます。
 
 そのような際には、損害保険などで、カバー出来れば、ベストですが、
 すべてのリスクに保険をかけていたら、保険料が膨大になって
 しまいますね。
 
 突発的な損失の場合は、
 企業に責任があるわけではないので、
 金融機関もある程度、理解は示してくれます。

 しかし、損失の程度によっては、
 その企業が立ち直れるか、 
 融資資金が今後の利益で返済できるかどうかを、
 厳しく見極める必要があります。

 それまでの、金融機関とのお付き合いの程度と、
 今後の利益計画が大切になります。


(5)経常的な赤字補てん資金

 長引く不況、リーマンショックなどもあり、
 どの企業も厳しい経営環境が続いています。
 
 そのため、いろいろな経営努力はしているものの、
 赤字が続いているケースもあります。
 
 そして、赤字が続いていしまい、
 内部留保や自己資金が少なくなって、
 借入をしないと、仕入れや、人件費、経費の支払いが
 回らなくなってしまうこともあります。

 そのようなときに、赤字補てん資金として、
 借入を申込したくなります。

 この資金は、金融機関としては、
 一番、融資しにくい案件となります。

 なぜなら、彼らは慈善事業で融資を行なっているわけではなく、
 営利事業として融資を行なっています。

 そのため、借りたお金は返してもらう必要があるわけです。
 経常的に赤字の会社に対しては、
 融資したお金が将来返してもらえる可能性が低いと考えざるを
 得ないわけです。

 しかし、絶対無理というわけではなく、
 大切なのは、次の「2.借りたお金をどうやって返すのか?」を
 どうやって説明するかにかかってきます。


以上、お金が必要な5つの理由をきちんと説明することによって、
金融機関の融資態度が決まってきます。


また、理由がわかれば、それぞれの理由によって、いくらの借入が
必要かもわかるわけです。

次に、「2.借りたお金をどうやって返すのか?」をお話したいところ
ですが、長くなってしまったので、次回に説明をしたいと思います。

楽しみにお待ちください。

待ちきれないかたは、個別に相談してもらってもOKです。


非常識な公認会計士・税理士 椎木秀行



★「楽しさが業績に変わる!」
中小企業の良さと強みを見つけたい方へ
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/
ヒラメキ無料メルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/mm.php  

Posted by しるばーうるふ at 20:04Comments(0)しごと

2013年07月06日

カンタンに言うと、販促って○○○○すること


初めましての方は、初めまして! o(_ _)o

草食系マーケティング・デザイナー米谷仁です♪



モノが売れにくい時代。



それは間違いありません。

経済が冷え込んでいるから…もありますが

もう、モノは行きわたっているから。



携帯電話も、スマホも、液晶テレビも、
DVDプレーヤーも、洗濯機も、冷蔵庫も、
掃除機、i-padもi-podだって

ほとんどみんな持ってる。


持っていない…なんて言ったら
『ウッソォ~ッ』って驚かれたりして★^^;


そうなんです、モノは既に行きわたっています。

だから売れない。


でも不況だから売れない…わけじゃない。


だって高級ブランド物の時計やカバンや

外車だって、高いワインだって、売れています。

一人1泊10万円近くする温泉旅館だって満室。

飛行機のビジネスクラスや
「はやて」のグランクラスも満席だし

住宅だってガッツリ売れています。



ねっ!どうみても不況じゃない◎



人は価値を感じないものに、お金を出さなくなっただけ。

だからこれからのビジネスは

ターゲットを絞り、それらの人たちに


“この商品にはどんな価値があるか”
“それを買う理由とは何か”


をシッカリ伝えなければなりません。

では、そのことをどうやって伝えるのか?

どうすればこの時代に、売上を上げられるのか?



それは…お客さまに連絡をするってことです!!



何だよ、そんなことかよぉ…

アタマおかしいんじゃねーの?  (▼▼〆)

って思ったかもしれませんね…いいのいいの★(ToT)



だって今の時代、新規客を獲得するのは容易じゃないんです。

時間も労力も、そしてお金もかかるってこと。

そんなことができるほど余裕はありません。



それよりも、一度買ってくれたり
利用してくれたお客さまに

こちらから手紙を書くことが、売上を上げるコツです。



例えばレストランに来てくれたお客さまが

「おいしかったです、また来ますね!」って

喜んで帰ったとします。



そんなお客さまに、レストランから一切
何の連絡もアプローチもしないでいると

ナント70%が、もう2度と来ないというデータがあるんです★



ボクは、店づくりや販促の仕方をチェックしに
いろいろな美容室に行きます。

初めてなので、顧客カルテなるものに
必ず住所・電話・アドレスを記入させられますが
10店舗に行って、DMやメールを送ってくるのは

1軒あるかないかです…


ボクは何のために、個人情報を書いたのでしょうね?

送っていいにチェック印つけているのにね…




販促って、お客さまに連絡すること!



そう言っても過言ではありません◎

江戸の頃も、お店が火事になったとき
番頭さんが抱えて逃げるのは、お金ではなく

“顧客台帳”だったといいます。

お金は取り戻せるけど、お客さまの名簿が焼けてしまっては
どうしようもない…コピーもパソコンもない当時は
命より大事なものだったのでしょう。



お客さまに、お手紙書いていますか?

定期的に連絡していますか?

まさか誕生日にカード1枚と
年賀状1枚を送っているだけじゃ…?

送っているのはセールの案内や
売込み臭いダイレクトメールではないですよね?


お客さまをしあわせにするために!
あなたとスタッフたちがしあわせになるために!

お客さまに、たくさん手紙を書きましょう♪


人をしあわせにするのに、遠慮なんか要りませんよ◎






私・米谷仁は、売り込まずに売る草食系マーケティングデザイナー。

『自分カンタンに出来る反応の良い販促物の作り方』

など「も」書いているブログを毎日絶好調更新中!!
よかったら、こちらもぜひ読者登録してください◎

米谷仁のブログはコチラ ⇒ http://ameblo.jp/joker-yone4284/


“草食系”なので、結構ゆる~く書いていきます!


facebook も友達リクエストお待ちしてます♪




★「楽しさが業績に変わる!」
中小企業の良さと強みを見つけたい方へ
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/
ヒラメキ無料メルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/mm.php  

Posted by しるばーうるふ at 16:52Comments(0)しごと