スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年01月29日

実現指南!手取り足取りソーシャルメディア文章術


こんにちは、
コトダマーケティングの市毛です。

今日のテーマは、「ソーシャルメディア文章術」。

フェイスブックやツイッターで、何を書いたらいいかわからない、
という相談、最近よくうけます。

そういう人たちの多くは、セールスレターや、チラシと同じように、
何か宣伝しなきゃ、とか消費者の得する情報を載せないと、とか、
そんなことを考えて、ネタがないと思ってしまっているケースが多い
ように思います。

セールスレターやチラシは、売るためのツールなので、そこに消費者が
買いたくなる魅力的なメリットを掲載する必要があります。

しかしソーシャルメディアは、売るためのツールではありません。
むしろ、そこで売ろうと思うと失敗してしまうツールです。

ソーシャルメディアの世界はあくまでも「日常」です。

その日食べたものですとか、ふと考えたことなどを、みな、書いてる
わけです。そこにアクの強い広告的情報が流れてくると、違和感を
感じてしまいます。

ソーシャルメディアにはそもそも、広告的文章はそぐわないのです。

ソーシャルメディアは、コミュニケーションを目的として生まれ、
発展してきました。

ですから、企業がソーシャルメディアを使う場合、チラシやセールス
レターのように、売り込むことではなく、顧客と話すこと、絆を結ぶ場
だと認識することが大切です。

私たちは、ふだんおしゃべりをすることで、この人とは馬が合う、
とか、どうも感覚が違うな、などと友達を判断します。

それがソーシャルマーケティングの神髄です。

書いてあること、つぶやいていることを見て、この企業は感じがいい、
とか、信用できそうだ、などと顧客は判断し、ファンになっていくのです。


私は、企業でツイッターやフェイスブックを始めるお手伝いをする時、
まずは自分で「中の人」になり、しばらく実演します。

見本を見せるわけです。

その手法を、ちょっとだけお教えします。

まずは、「キャラクター」をつくります。

企業やブランドのイメージや、スタッフの人格などを参考に決める
のですが、たとえば、「美味しい物好きで、あたらしもの好きで、
行動的な女性」などとざっくり決め、担当のスタッフと話しながら
イメージをふくらませていきます。

着ている服はこんな感じで、こんな雑誌を読んでいて、などとやるのですが、
これけっこう盛り上がります。

そして、実際のお得意様などを思い浮かべて、その人に語りかけると
考えて書くのです。

顧客の喜ぶこと、興味のあることを書くべきですからね。

あるホテルで、ツイッターのお手伝いした時には、東京から引っ越してきた、
あたらしもの好きで自然志向、スイーツ好きでお酒好きのOLといった感じで
キャラクター設定し、家族で一度来たことがある小さいお子様のいる、
あるおかあさんをターゲットに語りかけることにしました。

もちろん、ホテルの宿泊プランの紹介などもしましたが、その周辺の
知られざる名所や地元ならではの食べ物の紹介、お子様が喜ぶ
お祭りやイベントの実況などもしました。

シェフが料理を仕込んでいる様子や、スタッフが食事会場を準備している
様子を、写真や動画でちらっと見せて、もてなしの心をさりげなくアピール
したり、

その日出すスイーツを一口試食して、感想を書き、全部手作りである
ことをアピールしたりもしました。

バーなどの施設を紹介するときは、キャラクターの好きな場所として、
プライベートでもよく利用する、と書いちゃうわけです。

このカクテルが好き、だとか、この席からの夜景がたまらないなどと
具体的に書くのがコツでもあります。

キャラクターや語りかけるターゲットを細かく決め、意識して書いていると、
そのうちに、書く内容や、書き方、口癖などが自然に決まってきます。

そうなると、もうネタはどんどん浮かんでくるようになりますよ。

親しみやすい話し言葉で書いて欲しいのですが、ただ気をつけて
ほしいのは、あまりなれなれしい言葉遣いになりすぎないこと。

やはり、相手はお客様です。

くだけすぎずに、敬語を意識したていねいな言葉を使うべきです。

このホテルでは、立ち上げから約一ヶ月で、こちらからフォローする
ことはほぼせずに、約2000人のフォロワーができました。

こちらからフォローしたのは、関係者と私の知人で拡散を期待できる人、
数人だけです。

それ以外は、私の「おしゃべり」をいいなと思っていただき、ホテルの
ファンになってくれた人というわけです。

「おしゃべり」を通して、
ホテル(ブランド)の「人格」を判断し、

楽しそうだ、信用できそうだ、と思い、
もっと深く知りたい、行ってみたい、と

人々の気持ちが動いていく、

ソーシャルメディアによるマーケティングは、
そうして達成されます。

時間をかけて、信頼の絆をつくっていき、その結果として、売上げに
貢献できるというツールです。

一旦始めたら、結果をいそがず、じっくり、根気よく、続けていくこと、
おすすめいたします。


市毛秀穗

フェイスブック=http://www.facebook.com/hideo.ichige
ツイッター=http://twitter.com/hideppo




★「楽しさが業績に変わる!」
中小企業の良さと強みを見つけたい方へ
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/
ヒラメキ無料メルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/mm.php  

Posted by しるばーうるふ at 23:11Comments(0)しごと

2012年01月21日

新規訪問時の心得/相手が困っていること、改善したいこと


本日は中鉢貴省が執筆させていただきます♪

【新規訪問時の心得】

年末年始、やっぱり飲みすぎました。

毎度の事ですが遅くまでご一緒して頂いた皆様、
お付き合い頂きありがとうございました!

本年も宜しくお願い申し上げます!!!


さて、前回のメルマガにてご報告させて頂いたように、12月より
スタッフが2名追加となりました!

うち1名は営業職枠での採用なのですが、久々にド新規営業の同行を
していた際、初めて訪問アプローチする際、僕自身大きな再確認が
ありました。


訪問営業初日は、宮城県内某温泉地区でした。

(1)テレアポの仕方
(2)飛び込みの仕方、
(3)その後は対面営業

にて営業マナーや商品の特長を伝えるトークを教えようと頑張って
いましたが、各訪問先のご担当者の反応は良くありません。

「今回はこのようなご提案でお伺い致しました!」
「こちらの商品は県内で多数ご利用頂いているんですが・・・」
「御社のホームページの改善点なんですが・・・」

「結構です」
「間に合ってます」

が殆どでした。

ここ数年、殆ど新規営業をこなしていなかった為、営業力が落ちたかと
一瞬危惧しました。

が、何件目かで気付きました。

反応がいまひとつ・・・それはそうですね。

何かの商品1つを売り込んでもダメです。

その商材にマッチしない場合、断られて当たり前ですから。

(ただ、僕は基本的に営業電話や訪問を一切断らず全て話を聞くの
ですが、この営業スタイル、結構多いですよね。)


  相手が何に困っていて、
  どこを向上させたいか?


ヒアリングする営業スタイルに切り替えれば、自然と宿題を頂く事が
出来てきました。

「宿泊施設様のWeb集客のお手伝いをしております」
「ここ地元東北に特化して活動しておりますので」
「インターネットでお困り事がございましたらご相談だけでも」
「〇〇温泉地区のWeb予約の現状について色々教えて下さい」

が、正解でした。

ココが、【販売員と営業マンの絶対的な違い】ですよね。

当たり前で重要な着地点を営業初日から見失わせる所でした。


☆営業数字とは、

・会社の売上を上げること自体が目標なのではなく、
・顧客に満足して頂き、それに対しての対価が売上なのだと。

☆ファーストコンタクトの際は、

・商品そのものを売り込みに行くのではなく、
・商品をきっかけにお客様の悩みや希望を聞きに行くべきなのだと。


ただ、それにはある程度のマーケットやターゲットに対する知識が
必要不可欠です。

これが欠けると、時間を割いて頂いている訪問先のお客様にも失礼
ですから。

多少時間はかかるかも知れませんが、功を焦らせるよりも、きちんと
知識を習得させ、まずは商品を理解させることにしました。

もちろんタイプにも依りますが、殆どの場合、最初から断崖絶壁を
登るよりも、回り道に見えても平坦な道を登った方が楽です。


基本的な上記が会得出来たら、あとはもうガンガン行くだけです!

簡単に言いますがコレはコレで難しいです(笑)


今年も頑張ります!!




★「楽しさが業績に変わる!」
中小企業の良さと強みを見つけたい方へ
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/
ヒラメキ無料メルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/mm.php  

Posted by しるばーうるふ at 20:43Comments(0)しごと

2012年01月14日

全く新規で「無農薬ひとめぼれ惣兵衛米」を販売した経験


あけましておめでとうございます。
菜食美ずん社長 畠山さゆりです。

前回は、「Webサイトを立ち上げる」ということは「中国に支店を
出すのと一緒」と申し上げました。

必然的に担当者は「パソコンに詳しい若手社員」ではなく、社長を
筆頭に会社の屋台骨を背負う取締役や営業本部長レベルでなくては
中国市場で勝負できませんね。

つまり、「販路や広報をインターネットに求めるならば、その激戦
状況からして担当者は社内の「精鋭」でなければならない」という
こと!戦略なくして戦術に頼るべからず♪

まずは社長自らが「インターネットに本気で取り組む」をいう姿勢を
社内に浸透させてください。インターネットを活用した戦略をたて、
社内外の実務担当者に采配をふるうためには、社内の誰よりも
知識を身につけている必要があります。

さまざまなコンサルの経験上、そんな社長さまの会社は必ずネットで
結果がでております。

------------------------------------------------------------
まずは戦略をたてる
------------------------------------------------------------

ネットでもリアルでも売れないということは次の3つのうちどれかが
間違っているといわれています。

1)戦略のミス:考え方が間違っている
2)戦術のミス:やり方が間違っている
3)一貫性のミス:考え方とやり方が一貫していない

1)を省いて2)の販促物を作って運用しても3)に陥ってしまいます。
1)がとっても大切なんです。

少し古いネタですがわたしが全く新規で
「無農薬ひとめぼれ惣兵衛米」
を商材としてネットに参入した時の例を挙げますね。(2004年)

★どこを売りにしていくか→玄米専門店(白米では売らない)

★その根拠→安心の栽培法だから精米せずに丸ごと食べてほしい。

限定栽培で1500キロしか収量がないため品揃えで勝負しても負けます。
しかも精米すると歩留りも悪いですね。

「勝てるところで勝負する」ここがとても大切です。

そして「魚沼産コシヒカリ」などブランド米と
「別の場所で勝負する」=

★理想のお客様はだれ?
→すでに玄米を食べているひと。
 健康によいから多少まずくても我慢して食べているひと。
 安心な品質に喜んでお金を払ってくれるひと。

「玄米の良さ、食べる根拠」から啓蒙して顧客を開拓するのは大変です。
すでに玄米の良さをわかってくれるひとを理想のお客様に絞ることで
その手間を省きました。

戦略を5つに分類してみるとこうなります。

1)理想のお客様(ターゲット) 

  すでに玄米を食べているひとで安心な製品には
  多少高くても喜んでお金を支払う

2)市場=玄米をふつうに食べている健康志向の人たち

  競合=玄米販売業者
  おいしい玄米食べてみませんか?
  健康志向の人に我慢しなくても
  ふつうにおいしい玄米を提供する

3)資産 先祖代々守ってきた自家田でつくる無農薬米

  土地改良で田んぼにしたのではなく、
  古代よりず~っと田んぼだった土地なので
  エネルギー値が高い。地元の人も太鼓判

4)強み

  (1)EM栽培。化学肥料、化学農薬はつかっていない

  100%自家米&新米
  (同じ田んぼのお米のみ。他の田んぼとのブレンドなし)

  ※JAで販売しているお米は広大な管内のお米を一律ブレンド。
  法律上は古米が20%混ざっていても新米として販売可。

  (2)玄米専門店のネットショップ

  栽培法に絶対の自信。精米するのはナンセンス、
  だから玄米だけを売る

5)以上をメッセージに変えると?(SEO含む)

  農家から直送。無農薬限定販売玄米専門店。
  無農薬ひとめぼれ惣兵衛米

  玄米は固くてまずいけど健康にいいから・・・
  我慢して食べていませんか?
  もちもちふっくら美味しい玄米、しかも無農薬!

これを基本戦略の骨子にしたわけです。

しかし・・・わたしのお米ははじめて市場に参入するわけですから
下記の問題を抱えておりました。

問題1)まだ栽培していないので初年度の収穫量が見込めない
問題2)まだ栽培していないので美味しいかどうかわからない

しかしながら、在庫をかかえるリスクは怖い。

そこで私は「収穫前にネットで予約完売させる!」と決めたんですね。
まさに先物取引(笑)

そこでわたしがとった「戦術」は・・・?


次号に続きます(笑)

みなさんも予想しててくださいね。

今回も最後まで読んで下さり、ありがとうございました。


LOVE




★「楽しさが業績に変わる!」
中小企業の良さと強みを見つけたい方へ
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/
ヒラメキ無料メルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/mm.php  

Posted by しるばーうるふ at 22:51Comments(0)しごと

2012年01月07日

伸びる会社の事業計画


明けましておめでとうございます。
今年もブランドサルベージでよろしくお願いします。

新年1回目のメルマガ担当の非常識な公認会計士の椎木です。

2011年は、激動の年でしたが、
2012年は、最幸にしたいものですね。

さて、新年のメルマガにふさわしく今回のテーマは、
「なぜ、伸びる会社には計画があるのか」で行きたいと思います。

あなたは、年初に計画を立てる方ですか?
それとも、計画なんて立てない方ですか?

せっかくですから、
騙されたと思って、

年の始めに今年度の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

色々な会社を見ていて思いますが、伸びている会社には、
ほぼ確実に事業計画というものがあります。

企業の規模の大小は関係有りません。

もちろん、事業計画がなくても、儲かっている会社はあります。

でも、継続的に儲かっているかというとそうではないことが
多いようです。

たまたま、ヒット商品が出て、
たまたま、大口の契約が決まって、
たまたま、儲かった。

でも、翌年はどうなるかわかならい。

これでは経営というには、程遠いいかもしれませんね。

継続的に儲ける会社にするには、計画が必要だと多くの経営者が
言い続けているにはやっぱりそれなりの理由があるのです。

それでも、計画を立てない経営者が多いのですが、計画を立てない
経営者にも、立てない理由があるのです。

計画をたてない3つの理由

(1)計画をたててもそのとおりにならない

将来は誰にもわからないから、計画を立てても無意味という方が
います。そういう方は、計画とは当てるものだと勘違いをしているよ
うです。

計画とは、目標に至るまでに具体的にやるべきことを書いている
ものであり、目標そのものと言うよりは、目標に近づいているかどうかの
チェックリスト的な存在だと思ったほうが良いかもしれません。

つまり、ほとんどのケースでは、現在位置は、計画とは違っている
ものなのです。事業とは生き物ですから、当初、思った通りには
行かないのです。

しかし、計画があれば、現在位置と計画の差異がわかるわけです。

そして、その差異がなぜ発生したのか、何が足りていて、何が足りて
いないのか、どうしたら差異を詰められるのか、軌道修正をはかる
きっかけとなるのです。

ところが、計画がない場合はどうでしょうか。
現在位置がどこにあるのかよくわからなくなってしまうのです。

前年と比較して、増えていればOK、減っていればNGという単純な
判断になります。前年と今年では経営環境が違うかもしれないのに。

仮説を元に計画をたてることにより、経営の軌道修正ができることが、
計画を立てるメリットになるのです。

(2)計画に縛られるのが嫌

一度計画を立てると、その計画に縛られるのが嫌という方もいます。
そういう方は、一度立てた計画を変更してはいけないと思い込んで
いるようです。

頻繁に変更するのは考えものですが、環境が変わったり、軌道修正
が必要な場合は、計画の変更は行う必要があります。
その時点の前提条件と合わない計画に固執する必要は有りません。

定期的に、実績と計画を比較し、行動の修正が必要なのか、計画の
変更が必要なのかは検討しなければいけません。

多くの場合は、計画は正しくて、それに対する実行力が足りないだけの
ケースが多いのですが、稀に、環境が大きく変わっていて、計画
そのものを変更したほうがよいケースもありますので、きちんと見極める
必要がありますね。

(3)計画を立てても長続きしない

多くの経営者が、計画を立てても長続きしないと思っています。
それは、計画の問題ではなくて、やり方の問題だと思います。

下記のようなケースだとうまくいかないですね。

・経営者自身が、計画について言い続けていないケース
・計画が組織全体で共有されていないケース
・計画の作成に組織が関与していないケース
・計画が数値だけで具体的な行動計画になっていないケース
・難しい言葉が沢山使われていて、理解出来ないケース

などなど。

計画は、組織を巻き込んで作成して、見える化をして、根気よく
取り組むことが成功の秘訣ですね。

是非、2012年度も儲かるように年初に計画を立ててみてくださいね。




★「楽しさが業績に変わる!」
中小企業の良さと強みを見つけたい方へ
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/
ヒラメキ無料メルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/mm.php  

Posted by しるばーうるふ at 21:24Comments(0)しごと

2012年01月01日

伸びる会社の事業計画 仙台

今回は、公認会計士にしてマジシャン。

あの、椎木 秀行さんです(^_-)-☆

多くの方に読んでもらいたいので、
良かったらブログでもフェイスブックでもシェアしてくださいまし♪

――――――――――――――――――――――――――

財務、販促、研修など各分野の精鋭8名が
毎週持ち回りで執筆する【無料】メルマガ。

1月3日(火)
早朝7時7分配信の執筆担当は
マネジメント&マーケティングの両刀使い
椎木秀行さん♪

志立!生きるちからスクール開講200回、延べ3000人。
公認会計士・税理士NLPビジネスプラクティショナーの
文章をお正月からどうぞ!

今回のテーマは「伸びる会社の事業計画」です。 

ご登録↓には30秒もかかりません(^^)

【ヒラメキ無料メルマガ】あなたの会社のお宝探し


  


Posted by しるばーうるふ at 19:49Comments(0)しごと