スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2007年03月29日

学びと成長




僕もその傾向がありますが、

「家庭や社内より、社外や個人的コミュニティーでの評価が高い」

ということはありませんか?


実は、


 他人であればあるほど、良好な人間関係の維持向上は簡単です。

 近しい人ほど、人間関係を維持向上させることが難しいのです。

 そして、難しいほど「 修行 」に適しています。

 だから、家庭こそ、最高の「 道場 」なのです。

 次が職場です。それは近しい人たちの集合体だからです。

 家庭と職場が「 感動 」できるのはそのせいです。



家庭や仕事を通じて、困難を乗り越えることが、人生の学びであり、
人間が成長するということなのですね。



 (※写真は、蔵王お釜の夜空です)

  

Posted by しるばーうるふ at 10:38Comments(0)こころ

2007年03月26日

会った、食った、飲んだ!

会った、食った、飲んだ!



クイズです。以下、誰が書いた文章でしょう?(*^_^*)?


(ここから)

四谷で下車し、歩いて麹町の交差点へ。
そこで、仙台からの客人、シルバーウルフと合流。

この「シルバーウルフ氏」、最終兵器!と言って良いくらい
の才能と能力の持ち主。

僕は、今、彼に●を出させるべく、動いているのだが、
その夢(お互いの)が実現するのも近いだろうと思う。

●●社での打ち合わせを終え、久々に飲もうか?
と言うことで、新宿3丁目の「Nさん」へ。

(中略)

手羽先の唐揚げ、サーロインステーキなどを楽しみながらの
シルバーウルフとの会話は、実に深い味わいがあり、僕に
とっても素晴らしい密度を感じる時間だった。

(中略)

新宿駅まで歩き、途中で「これがかの伊勢丹だよ!」とか、
「あれがアルタなのですよ!」などと「バスガイド」をやり
つつ、駅で別れ、一路池袋へ。

(ここまで)


ということで、しるばーうるふとは言うまでもなく僕のことですね。

随分お褒めいただいており、恐悦至極です。


誰の文章かと言うと、

キキダスマーケティング中山マコト先生
「会った!食った!飲んだ!」というブログでした~。

3月21日の日記にてご紹介いただいています。感謝!
http://blog.livedoor.jp/mac3939/


やっぱ、この方は面白いし、素晴らしい!


(写真のイスは本文と直接関係ないのですが、
 僕にとっても奇跡のイスです。
 製作者は尊敬する森の賢人、場所は宮城蔵王です!)


  

Posted by しるばーうるふ at 11:08Comments(0)ゆめ

2007年03月21日

奇跡しか起こらないという生き方

「奇跡しか起こらないという生き方」



昨年6月に一度しかお会いしたことがないのですが、
その後、何度かメールでお話させてもらった

小田さんという方がいます。

素晴らしいことをメルマガで書いていましたので、
シェアしましょう。


(ここから)


 その編集スタイルで
 完成する自分という作品は全く異なってきます。


 失敗体験ばかり編集する人は
 これからどんなに成功体験があっても
 そこはカットします。まるで無かったように・・・

 成功体験ばかり編集する人は
 これからどんなに失敗体験があっても
 そこはカットします。まるで無かったように・・・

 人が自然と集まってくる魅力的な人は
 これからどんなに失敗体験があっても
 成功体験に編集します。まるで奇跡のように・・・
  

 不幸を編集するのが得意な人は
 どんなときでも、どんな所からでも不幸を演出します。

 幸せを編集するのが得意な人は
 どんなときでも、どんな所からでも幸せを演出します。

 奇跡を編集するのが得意な人は
 どんなときでも、どんな所からでも奇跡を演出します。
 

 過去に何があったのか
 未来に何が起こるのか

 という事実よりも

 事実をどうとらえるのか

 どう編集するのか
 どう編集したいのか

 そんな自分が望む編集スタイルを持った
 自分自身になることがとっても大切なんだと感じています。


 松尾さんがさらに自分らしい人生作品を創り上げ
 多くの人に希望と奇跡を届ける毎日になることを
 心から祈っています。


    世の中には2種類の生き方しかない

     奇跡など起こらないという生き方
     奇跡しか起こらないという生き方
 


 愛と幸せと喜びに囲まれる毎日へ
 才能と希望に溢れるあなたを応援する 小田真嘉


 ★ 小田真嘉さんの公式サイト ★
 http://www.odamasayoshi.net/ 


(ここまで)


しかし、本当にいい事を書きますね~、素晴らしい!  

Posted by しるばーうるふ at 18:55Comments(0)ゆめ

2007年03月18日

妄想マーケティング




風俗と美容と健康と教育産業は廃れないと言われますね。

ということで、今日は「 妄想 」についてです。
(あまり脈絡らしい脈絡なし)

女性の読者さんは、決して読まないでください

読むと必ず後悔しますから、絶対に読まないように。

僕の正体がばれます(泣)


リビドー(Libido)
とはラテン語で「(強い)欲望」を意味します。


そしてリビドーは、日常的には性的欲望または性衝動
同義に用いられ、これは「性的衝動を発動させる力」とする
フロイトによる解釈から継承したものです。
(Wikipedia抜粋)

上記は、フロイトの『性欲論三編』(1905年)にあるようですね。
本書では「不変かつ必然的にもつ性的本性」という概念を
リビドーと提唱しています。

辞書では、
  
> 無意識の深層から発する欲求、性欲など。
(誠文堂新光社 机上辞典)

> 精神分析学で、潜在意識として存する性欲または、  
本能のエネルギーの本体。
[昇華] (三省堂 新小辞林)

> 人間の行動のもとになる性的欲望。
(三省堂 新明解国語辞典)
 
って感じでしょうか。


さて、


先月、ビジネスセレブメンバーと秋保温泉にあるコテージに
遊びに行ったとき、話が盛り上がって創設した学校があります。


 「リビドー学園」です(オイオイッ(^_^;))


提唱者である僕が「学園長」に就任しました。

学校長でもなく、学院長でもなく、学園長であることが
ポイントですね。(リビドーのある人には分かります)

で、今日のリビドーですが、

僕の次男が通う幼稚園の先生が、ちょっと女優の
木村佳乃さんに似ているというところから発想してみました。
http://dir.yahoo.co.jp/talent/7/w96-0210.html


実行はしていませんが、以下のような感じはどうでしょうか?



◆僕 「佳乃先生、いつも僕の『息子』がお世話になってます」


い~ね~っ。

息子を「愚息」と表現してもいいでしょう。
でも「息子」のまま続けてみます。



◆先生 「息子さん、吃驚する程どんどん大きくなっていますよ」

◆僕 「暴れん『棒』ですみません」

◆先生 「いえいえ、愛おしいです。

     それに私、鎮めるのはすごく得意ですから」

◆僕 「ハハハ、先生は上手いから。さすがの息子も観念しますよ。

    僕は息子を抑えるので精一杯で」

◆先生 「いたずらな息子さんですからね(*^_^*)

     うふふっ、カワイイッ!」



  ・・・いたずらな息子。。。

  ・・・ど、どうですか?

  我ながら、とてもリビドーを感じます。



ということで、リビドー学園では、生徒募集中(^_^;)!


(僕はアホか? いや、アフォだ、あふぉ、完全に・・・)

  

Posted by しるばーうるふ at 15:53Comments(0)

2007年03月12日

元気玉をどうぞ!




最近また特に思います。

僕をここまで引き上げてくださった多くの人たち。
僕の可能性を引き出し、見果てぬ夢を、まだまだ見させてくれる多
くの人たち。

そんな人たちに「感謝の気持ち」を伝えたい!

僕の人生が、どうにかこうにか、想い以上に推移してくれているの
は、そんな人たちの力です。


  毎日午前様の仕事は、
  やりがいはあったが、辛かった。

  会社では成果を上げていたが、
  心の豊かな生活を過ごしてはいなかった。

  誰もが僕に一目置いていたが、
  経済と時間の自由は無かった。

  子供たちの日々の成長や、
  妻の心の機微に想いを馳せる余裕もなく、
  新幹線のようにすぎてゆく日常。

  2006年は、いつまでも変わらない日常を変え、
  新しい扉を開くため、自ら変化を求め、
  自分に対して、様々な出会いを演出していった年でした。。。

  結果、1年で僕の生活は激変。


しかし、僕には、本当のところは分かりません。

実は、僕自身は、それほどのスキルも経験も持っていないのです。

僕は、どんな「風」に吹かれたのか?
僕の周りの人たちは、僕にどんな「風」を吹かせたのか?


結論は、

「僕より、すごい人たちが、
 僕の周囲にたくさんいて、僕を助けてくれたのだ」


ということです。

僕にあったのは、ビジョンだけ。
わがままともとれる、極めて個人的な夢だけ。

読者5900人のメルマガを書いていますが、肩書きは「インディ
ビデュアリスト(利己主義者)」です。

僕の言いたかったことは、ただひとつ。


  「自分が幸せを感じていないのに、
 
   人を幸せにできてたまるか!」


そして、今までも漠然として感じた、「僕より、すごい人たちが、
僕の周囲にたくさんいて、僕を助けてくれたのだ」という結論に達
したとき、心からの感謝が、クッキリと形を成しました。


とにかく、ありがとう!を言いたい。

1日100回「ありがとう」を言う人生と、
1日100回「ためいき」をつく人生では、

10年たったとき、まるで違う人生になっているでしょう。


ドラゴンボールの「元気玉」のように、周囲からちょっとづつもら
った元気こそ、エネルギーです。人生の船は、そんな元気を燃料に
しているのです。


素晴らしい人たちと一緒にいると、素晴らしい仕事と人生を送るこ
とができるのだと思います。


さて、

そんな出会いのひとつを、あなたにも贈ります。

-----------------------------------------------------------------
1万円で、
「目立って」「仲良くなれて」「好かれて」「信頼される!」

そんなやり方が身に付き、しかも特典の「トークネタ」が手に入
る!そんな2時間の熱いセミナーのお申し込みはここから▽

『「 目立つ技術 」』
http://semi.kikidasu.jp/  詳細はメルマガ後半で述べてます。
-----------------------------------------------------------------

元気玉をどうぞ!


※写真は、例によって本文と関係なく、
 松尾家のカワイイ新人「マルコ(ヨーキーのオス)」です。


   

Posted by しるばーうるふ at 00:37Comments(0)しごと

2007年03月06日

「目立つ技術」

 
 
  遠くからでも、あなたのことを見つけてくれる誰かが、

  きっと居るのです。



販促の世界に身をおいて18年。


僕に、ビジネスの基礎力とマーケティングの実力、そして発想力が
あることは分かっていました。(自分で言うか?)


でも、僕は「トリガー無き、高性能ライフル」だったのです。
(じ、自分で言うなっちゅーの(^_^;))


サラリーマンマーケッターとして居心地のいい同僚と顧客に恵まれ、
妻と息子達に囲まれて、爪と牙を適当に使うその日暮らしの生活。

いったいこれでいいのだろうか?
自ら引き絞るトリガーを持たずに一生を終わるのか?


そして僕は、そのトリガーが欲しくて「ある人に師事」するように
なりました。

ラブサプリの読者様方にはお馴染みでしょう。
キキダス・マーケティングの中山先生です。

中山先生は、見事に僕の銃身に、金剛石の引き金をつけてください
ました。

中山先生とおつきあいするようになって、たった半年で、僕の人生
は激変しました。(これもラブサプリ読者様ならお気づきですね)


さらに、志を同じくする「仲間」まで沢山できました。
そして実は、この「仲間」こそ、僕の宝物です。


ということで、東京近郊の読者の皆様を中心に、セミナーのご案内
です。(東京近郊の方じゃなくても必見です)



------------------------------------------------------------


ペコペコあたま下げながら、仕事とるなんてイヤジャン!

一度でもそう思ったことがあるあなたに朗報が届きました。

「セールス嫌い」「頭下げるの大嫌い人間」の僕、中山マコトが、

→中山マコトプロフィールはここ↓!
http://mark.kikidasu.jp/

3月24日(土曜)と、3月29日(木曜)の2日間、
東京は恵比寿の某セミナールームでしゃべります。


「人にあたまを下げたくないばかり」に必死で編み出した

『「 目立つ技術 」』

についてしゃべり続けます。


僕は、セールスのプロではありません。
それどころか、全然苦手です。

でも、会社員時代、売り上げ、利益に関しては、いつもナンバーワ
ンでした。

たった年商7億程度の、小さな「マーケティング・シンクタンク会
社」ではありましたが、全社売り上げの8割近くをほぼ一人で達成
していた時期もあります。


どうしてそんなコトが出来たのか?

それは・・・こうです。


自分の好きな分野で、気持ちよく実践できる分野で、「あること」
を実践しただけなんです。

知恵を絞って、面白いことを考え、それを実践していただけなんで
す。しかも、一円もかけず、空き時間を利用して、楽しく・・・。


そして、その「あること」を実践するのに伴い、僕の収入は4倍近
くに増えました。

売り込みなんてしないのに、売り上げが増えました。

クライアントもどんどんふえ、相手の方から寄ってきてくれました。

勝手に向こうから仕事が飛び込んで来ました。

値引きを要求されるコトが、殆ど無くなりました。

(どうしても「値引け!」と言われたときは、その仕事をお断りし
ました)

ストレスが、ぜんぜん無くなりました。

劇的に、生き方そのものが変わっちゃいました!


その「あること」について、全部しゃべります。


人にあたまを下げずに、何とかして「目立ち」「仲良くなり」、ひ
いては「好意を持って貰う」そのためのメソッドをすべて公開しま
す。本当に「すべて」です。

一切の出し惜しみはしません。

内容は、ここ↓。
http://semi.kikidasu.jp/

------------------------------------------------------------

●セミナー:1回目!

 3月24日(土曜)、16時から18時まで。

●セミナー:2回目!

 3月29日(木曜)、19時から21時まで。
(内容は両日とも同じ内容です。どちらか一回の参加で結構です)


両日とも、メチャメチャ濃い2時間を堪能していただきます。
ゲップが出るほど、充実した時間を提供します。


あ、それから、世界中で僕だけしか用意できない「特典」を用意し
ました。これを手に入れるだけで、あなたのセールスパワーは激
増!クライアントとの距離が瞬時にして埋まるツールです。

その「ツール」を当日参加していただいた方だけに進呈します。


どんな特典か?は・・・・ココ↓。
http://semi.kikidasu.jp/

と言うことで、詳しく知りたい方は、ここ↓!!!!!。
http://semi.kikidasu.jp/


ちなみにこのセミナー、
限定40人とさせていただきます。

参加確定は「申し込み順」とさせていただきます。
行動した方を優先したいからです。

参加費は、当日、受付でお願いいたします。

------------------------------------------------------------



   行動した人、優先です(*^_^*)

  「目立つ技術」って、興味深いのはもちろんですが、
 
   直感的にも「大切だ」って思いませんか?



   遠くからでも、あなたのことを見つけてくれる誰かが、

   きっと居るのです。


写真は、先週、家族の一員になったヨーキーのマルコ(オス)です。
例によって、本文とはあまり関係ありません(^_^;)
  

Posted by しるばーうるふ at 19:18Comments(2)しごと

2007年03月03日

カワイイ!「玉は出ないで、腸が出る」

カワイイ!「玉は出ないで、腸が出る」




犬を飼うことになりました~(*^_^*)

日本の全世帯のうち、犬か猫を飼っているのは約20%です。
ざっくりと4500万世帯あるとして、900万世帯ですね。

2400万人近い人たちが、ペットと暮らしているのです。


ということで、僕らが決めた犬は「ヨークシャーテリア」。

僕はヨーキーのように、長毛の犬より、コーギーなどのように短毛で顔の輪郭がハッキリしている犬が好きなのですが、カミサンのインスピレーションに負けました。


生後まだ2ヶ月。

・・・・・メチャクチャかわいいっす(*^_^*)

名前も付けました。

「マルコ」です。オスです。


セント・マルコ寺院、母を訪ねて三千里の主役などから連想して、外人さんの名前で行こうとなりました。


まだうちに来て数日ですが、さっそくその愛らしさに参っています。

血統書付ですが、ヘソが出べそ気味で、ヘルニアの心配があるそうです。もしかして将来悪化して腸が飛び出してくる可能性も無いとは言えないそうです。

また、身体が小さくて、まだ睾丸が下がってきていません。もしかして生涯睾丸が下がらない可能性もあるそうです。


 「玉は出ないで、腸が出る」

松尾・ヘルニア・マルコ・タマナシ が正式名でっす!


オイオイって感じですが、僕らにはかけがえの無い「命」。


 新しい家族です。

 新しい家族・・・涙が出そうなくらい大切な気持ちです。


彼は、二人の子供達にも、優しさの意味を教えてくれるでしょう。

カミサンにも、安らぎを与えてくれるでしょう。

長い付き合いになりますね。



  マルコ! 家に来てくれてありがとう!

  ホントに、よろしくなっ!!!


  

Posted by しるばーうるふ at 23:39Comments(0)こころ