2008年07月06日

尻の穴に頭を突っ込んだ話





子供達はまだ真理に到達していない。


「おばあちゃんが、パパを生んだんだよ」

次男(7歳)
「パパは一人っ子なんだよね」

長男(10歳)
「ということは、パパはおばあちゃんの尻の穴に
 頭を突っ込んだ最初で最後の人なんだね」

僕「ハハハハハ」

小学4年の長男ですら「穴の数」をまだ正確には把握していない。
まさか想像だにしていないのであろう。

今日の話。
対象がおばあちゃんというのがちとグロいし嫌だが、

子供達が、
まずは知識として女体の真理に到達したとき、
そして実践として女体の神秘に到達したとき、

少年は青年になり性年となって大人に変わる。

ボーイズビーアンビシャス&ハピネス!

センキュー。


  ~リビドー学園学園長日記より抜粋




Posted by しるばーうるふ at 19:13│Comments(2)
この記事へのコメント
あっははは!
確かに、真理ですね。
Posted by ももとごん at 2008年07月06日 21:21
も、ももごん兄さん

こんなところまでコメントをありがとうございます(#^.^#)。

素晴らしい!
Posted by しるばーうるふしるばーうるふ at 2008年07月08日 01:01
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
尻の穴に頭を突っ込んだ話
    コメント(2)