2008年09月26日

金走り





アメリカで1849 年から始まったとされる
『ゴールドラッシュ』

金鉱、金脈を掘り当てようと、
人々が怒涛の如く
集まったとのことですね。

しかし結局、
もっとも儲けたのは誰か?

有名で、少々胡散臭い話ですが、

金鉱を掘る『道具=つるはし』を売った
人間が一番儲けたというのは、

ホントによくできた話ですね。

インターネットをメイン事業のインフラにしている
僕にも、感慨深いものがあります(^_^;)。

最近の言葉で言い換えれば、
つるはし=仕組みです。

もっと言えば、
仕組み=考え方です。

僕や、僕の会社の仲間たちには、
いくつかのアイディアがあります。

正統的で王道を行くモデルになるでしょう。
年明けには成果報告したい!

ちなみにさっきのゴールドラッシュ。

働くための、
丈夫で動きやすいジーンズ屋が
一番儲けたって話もあります。

関わる人すべてを大切にし、
時流に乗り、工夫があれば、
すべからく成功すると実感しますよね。

銀狼
 



Posted by しるばーうるふ at 00:36│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
金走り
    コメント(0)