2006年11月18日

仲をとりもとうとしている人がいる

「仲をとりもとうとしている人がいる」





神田昌典さんの著書に「成功者の告白」と言うのがあります。


実践マーケターとしての彼の著書には珍しく、小説仕立てになって
いるものですが、その主張するところを分かりやすく言うと、


●業績を上げている経営者の顕著な共通点として、

●仕事がうまくいっていると、

●まず家族との関係がギクシャクし始める。

●次いで、奥さんにストレスがたまってくる。

●すると、そんな両親を見ている子供が病気になる。

●これがパターンなんです。


ということなのですよ。


賛同できますか?

身に覚えのある方はいますか?



例えば仕事の失敗を、別の何かに転化するというのは卑怯、との批
判もあるかと思います。


でもね。

さらに神田さんの言葉を借りれば、確かに「子供というのは、自分
が病気になることで、無意識のうちに夫婦の間をとりもとうとして
いる」ケースがあるのは事実だと思います。

心理学的にも、常識です。

病気に限らず、不登校や、引きこもりも、当てはまることが少なく
ないのです。



さて、

ドロシー・ロー・ノルト著

「子どもが育つ魔法の言葉」

という本。

売れましたね~。



ということで、本題です。


今日のテーマは、

「仲をとりもとうとしている人がいる」



これはつまり、「子供」のことを言っているのです。

そこで、知っている方は非常に多いと思いますが、改めて「子ども
が育つ魔法の言葉」をご紹介したいのです。


夫婦仲を取り持とうとしている大切な人=子供の存在を感じたとき、
誰もが本当に大切なことに目覚めるはずです。




詩「子は親の鏡」

★けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる

★とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる

★不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる

★「可愛そうな子だ」と言って育てると、
 子どもは、みじめな気持ちになる

★子どもを馬鹿にすると、引込み思案な子になる

★親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる

★叱り続けてばかりいると、
 子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

★励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる

★広い心で接すれば、キレる子にはならない

★褒めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

★愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

★認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

★見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

★守ってあげれば子どもは強い子に育つ

★分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

★親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

★子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

★やさしく、思いやりを持って育てれば、
 子どもは、やさしい子に育つ

★和気あいあいとした家庭で育てば、
 子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる



 「子どもが育つ魔法の言葉」
(ドロシー・ロー・ノルト著)より




今日のひとこと



「本当に大切なことを忘れない」






やらなければならない仕事もあるでしょう。

思い通りにいかないことも多いでしょう。


でも、本当に大切なことを忘れない。


これは、僕自身に言っています。


同じカテゴリー(こころ)の記事画像
違いの分かる男
長男が「いじめ」に逢っている
不思議だ~
なぜ、お金を頂戴するのか?
あのときあれがあったからこそ
バースデーバレンタイン
同じカテゴリー(こころ)の記事
 プロとアマの違いは? (2011-02-27 22:37)
 成功の定義 (2011-02-13 17:12)
 グリーン車に乗る理由 (2011-02-13 17:05)
 人の心を開く唯一の方法 (2011-02-01 12:38)
 再び「母の席に座ってください」 (2011-01-30 20:46)
 父の授業 (2011-01-30 19:34)

Posted by しるばーうるふ at 19:11│Comments(0)こころ
この記事へのトラックバック
ああしなさい、こうしなさい、といった躾の言葉よりも、子どもは親のありのままの姿をよく覚えています。親は子どもにとって、人生で一番最初に出会う、最も影響力のある「お手本」な...
子供が育つ魔法の言葉・・・ あなたの子育ては?【子供の救急最前線!!育児に関わる人すべてへ】at 2006年12月12日 14:26
トラックバック失礼します。神田昌典著「あなたの悩みが世界を救う!」について記事を書きました。よろしければ遊びに来てください。
「あなたの悩みが世界を救う!」神田昌典 その1 【成功者になるための!!オンライン図書館 】at 2007年01月26日 06:53
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
仲をとりもとうとしている人がいる
    コメント(0)