2006年11月13日

自分より先に死ぬ娘と一緒にいる事が?

「自分より先に死ぬ娘と一緒にいる事が?」


あなたは、自分より先に死ぬと分かっている娘と一緒にいることが
できるでしょうか?


 ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

   コーキです。
   大切なあなたに、今日の僕は、

    ●どんなメリットを与えられるだろうか?
    ●問題解決の糸口を提示できるだろうか?
    ●やる気や閃きにつなげられるだろうか?

   ではスタートです。

 ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━



 はじめての方はじめまして。
 おなじみの方もありがとう。

 では本題。



800万分の一の宿命。

その患者は世界にわずか30人…。



あなたは、自分より先に死ぬと分かっている娘と一緒にいることが
できるでしょうか?


母親のロリーさんはキックボクシングのインストラクターとしてわ
ずかな収入を得ながら、たったひとりで早老症の娘アシュリーちゃ
んを育ててきました。



プロジェリア症候群という病気をご存知でしょうか?
その患者は世界にわずか30人しかいません。

フジテレビ系で紹介されてきたある親子のドキュメンタリーを見て、
(かなり前の番組ですが)僕は衝撃を受けていました。


それは早老症と呼ばれる病気です。

タイプとしてプロジェリア症候群、ハンチントン・ギルフォード症
候群、ウェルナー症候群などがあります。
発症年齢はプロジェリア症候群とハンチントン・ギルフォード症候
群では、生後6カ月から2歳、ウェルナー症候群では10~40歳とのこ
と。800万人に1人の割合で発症します。


早老症は遺伝子病です。原因は、受胎時に精子もしくは卵子にDNA
の螺旋構造をほどく際に使われる「DNAヘリカーゼ」という酵素が
異常をきたした為に起こる遺伝子の突然変異と考えられているよう
です。治療法は、いまだ解明されていません。

健常者の1年間が早老症の人では10年間に匹敵するのです。


従って白内障、白髪、脱毛、糖尿病、動脈硬化などの諸症状により、
平均して12~13歳、最高でも30歳位で亡くなってしまいます。

テレビではカナダ・アルバータ州に住んでいる早老症の少女アシュ
リー・ヘギちゃん(初回放送時11歳)とその母ロリーさん(放送
時29歳)が取材されていました。


母、ロリーさんの著書「みじかい命を抱きしめて」は、是非読んで
いただきたい感動のロングセラーです。

アシュリーちゃんを17歳の若さで身ごもり、シングルマザーとして
産んだ我が子がプロジェリアと言う難病だった現実。


●その心の葛藤はいかばかりだったでしょうか?

●どのようにしてその運命を受け入れたのでしょうか?

●過酷な現実を生きていく親子の姿に、何を学べるでしょうか?



本書「エピローグ」より

(ここから)

アシュリーは今日も、人の何倍ものスピードで年をとり続けていま
す。与えられた人生の残り時間を早送りで消化しています。

「なぜ私には髪がないの?」と尋ねたアシュリーに、「年をとれば
みんな髪が抜けるのよ」と、とっさに答えたことを思い出します。
髪が抜けることも、胸が痛むことも、骨がもろくなることも、そう、
スピードは少し遅くても、誰もがアシュリーと同じ老化を経験する
のです。

そしてアシュリーは、残された時間を信じられないほどポジティブ
に、楽しく生きています。人にとって時間がどれだけ大切なもので
あるか、彼女の存在自体が語っています。そしてポジティブに生き
てと、その小さな身体ごと、メッセージを発してくれているように
見えます。

もちろんそれは、母親である私だけのために神から発せられたメッ
セージではありません。アシュリーとスピードは違っていても、残
りの人生を今の一分一秒ごとに消費している人たち、つまり今生き
ているすべての人たちへのメッセージでもあります。プロジェリア
という病気を解明することは、人の老化を解明することだとよく言
われます。

人類の永遠の課題である老化を解き明かすために、プロジェリアは
神様が遣わせた病気だと言う人もいます。ただ、私にはこう思えて
しかたないのです。短い人生を一生懸命生きることの大切さを教え
たい。

そして自らの死や生きる目的を考えてほしい。そうお望みになった
神様が送り込んでくれた天使--それがアシュリーなのだ、と。

(ここまで)

【アシュリーちゃんを見ることが出来ます】
http://www.fujitv.co.jp/dna/chap4.html


ラブサプリとしては、ひとつだけ触れておきます。


ロリーさんは自分の母親との関係がうまく行っていませんでした。

しかし、アシュリーちゃんが生まれ、父親である夫が逃げ出して、
ドラッグによる地獄から生還したとき、その失った関係を取り戻し
ています。

本当の気づきとは、実は、地獄にあるのではないだろうか?


僕は、人は誰しも、幸せに成功していって欲しいと願っています。


しかし、その答えが、人によっては「地獄から拾い上げるしかな
い」ケースもあるのだという事を知っておく必要があるでしょう。


ロリーさんの母親ジョアンさんの台詞です。


「ロリーは強い母親になった。
 アシュリーがいたから、ロリーは成長した」




    ━─━─━─━─━─━─━─━─━

     今日のラブサプリは、

     ●戦略 ●戦術 ●思考 ●方法

     のヒントになりましたか?

    ━─━─━─━─━─━─━─━─━


ラブサプリバックナンバー▽
http://www.mag2.com/m/0000140805.htm



Posted by しるばーうるふ at 17:32│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
自分より先に死ぬ娘と一緒にいる事が?
    コメント(0)