2011年06月20日

矛盾と二重拘束


僕がご縁をいただく会社様は、特に規模の小さなところほど、
オーナーは日常の仕事に溺れています。

前回のブログでご紹介したレストランも、ただ、日々の仕入、
仕込み、調理、接客にほぼすべての時間を使い、
彼らは疲れています(*_*)。

しかも小さなお子さんを抱えて。
 
彼は口には出しませんし、自分でも想ってもいないことでしょうが、
心理的に通常業務以外の仕事が増えることを無意識に嫌っています。

いい料理とワインを、一所懸命に提供していれば、お客様は増えて
くるはずであり、それが正しい商売のあり方だと想っています。

販促などは二の次だと。

いや、確かにそうなのです。僕自身、販促が効果を発揮するためには、
その商品自体が良くなければならないし、オーナーの志と心意気が
大切だと想っています。

だから「やり方より、あり方」だと言っています。

しかしながら、以下のような矛盾と二重拘束の渦中に無いかどうかを、
確認して欲しいです。

 好きなことを仕事にしたはずなのに、
 どこかで疲れを感じている。。。

 お客様にはもっと来て欲しいが、
 たくさん来たら対応できないと恐れている。。。

だとしたら、少しばかり、足掻いてみませんか?と言いたい。

そして、どうせ足掻くなら、悔いの無いようにやりたいですよね。

「誰に、何を」提供するのかを、あらためて決め、
販促と仕組みづくりに取り組んでみませんか?


さて、前回の答えです。

 アレを記入するとイタリアの方にパーフェクトと言われた
 アレが無料です!

ですが、正解は、

 アンケートを記入するとイタリアの方にパーフェクトと言われた
 エスプレッソコーヒーが無料です!

でした(^_^;)



★「商売とは相思相愛を探す旅」
株式会社 乾杯・KANPAI
http://www.kanpai-kanpai.com/
業種を問わず大好評のメルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/service01.html


人気ブログランキングへ


同じカテゴリー(しごと)の記事画像
事業発展「七つの質問」に詳細に即答できますか(^^)?
チャンスは4度あります(^^)
お客様の声を活かす「個客」マーケティング事例
事業発展のために今日やるべきこと
真相究明
このひと手間が絆と数字を創る♪
同じカテゴリー(しごと)の記事
 「イベントの集客」について♪食べる・出す・ときどき断食 (2013-12-01 13:10)
 ホラ、やっぱりあなたやあなたの会社にこそ、POPが必要です!! (2013-11-03 21:38)
 続・借りたお金をどうやって返すのか? (2013-11-03 21:35)
 商売に効く処方箋として、もっとも優れているもの (2013-10-20 22:40)
 事業発展「七つの質問」に詳細に即答できますか(^^)? (2013-09-28 16:52)
 言葉の贈物を受け取る (2013-09-23 12:58)

Posted by しるばーうるふ at 21:38│Comments(0)しごと
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
矛盾と二重拘束
    コメント(0)