2011年03月19日

手を合わせて祈り、そして具体的貢献活動へ

3月11日(金)のメルマガ冒頭は以下の言葉から始まりました。

(ここから)
 本日3月11日(金)午後7時から開催の松尾公輝セミナー。
 ブランド・サルベージ~ファンを増やし続ける技術~
 おかげさまで満員御礼(^_-)-☆
 「消費者は、生活者を経て、選択者になった」
(ここまで)

しかし、その当日、類を見ない地震と津波が襲って来ました。

東北地方太平洋沖地震
東北関東大震災です。

僕も宮城県仙台市に住んでいますので、被災者ではあるものの、
週明けには電気が回復し、ネット環境も戻り、あとは「水道」だけ。

街が消失するほどの災害に見舞われた数多くの方々や、ライフライン
復活に向け、懸命必死命がけの作業をしている方々に比べれば、
まるで軽度です。

この原稿を書いているのは17日(木)ですが、僕のお客様と友人
知人に関しては、ほとんどの無事が確認でき、神様に感謝します。

地震と津波の直撃を受けた地域のひとつである福島県相馬の顧問先
様(土木建設会社様)の社長とも今朝ようやく連絡がとれ、生存に
涙しました。

ただ、家や社屋はもう。。。という状況。

以前の上司の方は、まだお父様と連絡がとれません。
ご無事でいらっしゃることを手を合わせて祈るばかりです。

この復興には長い時間がかかるでしょう。

緊急を要する事態への対処と、中長期的取り組みの日々が、有無を
言わさず始まっています。

常に「行動」です。
僕らにどんな「貢献行動」「利他活動」ができるかです。

この数日間で仲間とやりとりしたものを整理をしてみました。


以下は、僕が推進して3月11日にキックオフ予定だった「ブランド・
サルベージ事業」の関係者とのメーリングリストの内容と、
親友で仙台自由大学の後藤光正君のネットワークサイトを加筆した
ものです。

●人

僕の顧問会計士であり、鍛錬塾インタビューCDにも登場してもら
った「生きる力スクール」主宰でもある椎木秀行さんから「東日本
大震災せんだいビジネス復興センター」を開設との情報をいただき
ました。

オフィス環境が整わない中小企業事業者様向けに、当分の間、椎木
さん管理下のセミナールームを無料で開放し、ビジネス復興のために、
役に立てていただければとのこと。LAN、コピーも無料で提供して
いただけます。仙台駅から数分の好立地です。

●物

本メルマガの読者様であり、愛媛で「よし正」様という民宿を経営
している砂川温尋様から「被災者を受け入れたい」とのお申し出が
ありました。

「被災者受け入れ宿舎プロジェクト」と命名し起案・関係者と協議
しています。全旅連次期東北ブロック長である一條達也様と月刊
ホテル旅館元編集長である松坂健先生にも相談しています。

●お金

様々な寄付金口座が開設されていますが、義捐金窓口については、
鍛錬塾メルマガ執筆者の一人であるラボ・ジャパン株式会社専務取
締役佐藤なな子さんの16日のブログに詳しいです。

 http://ameblo.jp/labjapan-jinji/

さらに椎木さんが、以下のサポートもしてくださいます。

中小企業庁、政策金融公庫などで発表された金融措置を活用した
資金繰り支援です。

「災害関係保証」「災害復旧貸付」「償還期間延長」

●情報

ネット環境整備のサポートには、2社が名乗りをあげてくれています。
まずは僕の尊敬する事業家でありYoshidaマネジメントオフィス
株式会社の代表吉田誠一さん。さらに僕のビジネスパートナーで
あるインターネットオフィス仙台IOS代表の中鉢貴省さん。

・通信関連の工事・修理・ネット設定・通信回線・機器関連・ネッ
トの復旧・パソコンの動作確認・ネットワーク関連の調査・確認・
修理・災害情報検索のためのPCレンタル等々。

●顧客

ブランド・サルベージでは、本来の意味である「救助」を色濃くし、
僕らが関わる企業様がその企業の顧客に対しどんなメッセージが
可能か?を追求してゆきたいと想います。

宿であればリピーターさんに、物販店であればお馴染みさんに、
どういう奉仕とメッセージを出せるか?これからいわゆる「風評被害」
も多数出てくると想います。

正しい情報を、誠実の力を以って、発信してゆきたいです。

●企画

仙台自由大学の親友、後藤光正君が、東京で自由大の場所を提供し
てくれているビジョン・オフィスさんと連携してビジョン東日本サポート
ネットワークのサイトを立ち上げました。

http://www.visionnet.jp/

3/26(土)キックオフミーティング詳細は、以下に詳しいです。
http://www.visionnet.jp/archives/51716982.html
    
人と、お金と、物資を集約してゆく活動になる見込みで、すでに
東京では数百人のメンバーが賛同していただいているとのこと。


さて、

本メルマガではブランド・サルベージについての詳細は省きますが、
ひと言で言えば、

 【「共感」が商売の肝となる時代に
   貴社らしさを販売戦略の要にする 】

ということをコンサルティングサポートする事業で、今年に入って
僕が創案したテーマです。

言い方を変えれば、中小企業のソフトパワー(人を魅了する力=
編集後記にて解説します)をいかにクリエイトするか?という事業。

楽天トラベルさんが「自社のトンガリを創って」と言っても、なか
なか自分の事は分からないもの。それをサルベージします。

僕がスカウトさせていただいたブランドコンサルタントは、僕を
含め7名居ます。

いずれも一騎当千の方々で、そのメンバーには、財務の分かるマー
ケッタ―として、前述の公認会計士椎木秀行さんも入っています。

そして、僕がお願いしてブランドコンサルタントの一人になってい
ただいた感動販促研究所の米谷仁さんの言葉が、僕らができる
ベクトルを現していると想います。

以下に転記します。

⇒ この先、どうなってしまうのだろう…
⇒ 今まで通りいくのだろうか…
⇒ 経済は大丈夫だろうか…
⇒ 経営は続けられるのか…
⇒ 何からやればいいのか…
⇒ 資金はどうしたらいいのか…

そんな不安だらけの経営者たちに

"大丈夫、いける!"

という希望の灯をともすことが
    いまボクらがやるべき最大の仕事な気がします。

僕も同感です。

他の団体とも連携しながら、これが大きなムーブメントになり社会
貢献と中小企業復活のための「太陽」となれば嬉しい。

あれもこれもだと中途半端に総論で終わりになるので、
何かにフォーカスしてゆきます。


リカバリーはまだ始まったばかりです。

あせらずに長期戦で臨みまます。


★「商売とは相思相愛を探す旅」
株式会社 乾杯・KANPAI
http://www.kanpai-kanpai.com/
業種を問わず大好評のメルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/service01.html


人気ブログランキングへ




同じカテゴリー(しごと)の記事画像
事業発展「七つの質問」に詳細に即答できますか(^^)?
チャンスは4度あります(^^)
お客様の声を活かす「個客」マーケティング事例
事業発展のために今日やるべきこと
真相究明
このひと手間が絆と数字を創る♪
同じカテゴリー(しごと)の記事
 「イベントの集客」について♪食べる・出す・ときどき断食 (2013-12-01 13:10)
 ホラ、やっぱりあなたやあなたの会社にこそ、POPが必要です!! (2013-11-03 21:38)
 続・借りたお金をどうやって返すのか? (2013-11-03 21:35)
 商売に効く処方箋として、もっとも優れているもの (2013-10-20 22:40)
 事業発展「七つの質問」に詳細に即答できますか(^^)? (2013-09-28 16:52)
 言葉の贈物を受け取る (2013-09-23 12:58)

Posted by しるばーうるふ at 15:51│Comments(0)しごと
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
手を合わせて祈り、そして具体的貢献活動へ
    コメント(0)