2011年02月27日

緊急ではないが重要なこと/ブランド・サルベージ

ブランド・サルベージという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

これは、僕の造語です(^_-)-☆

ネット検索しても、僕関連のブログ等々しかヒットしませんので、
たぶん僕が言いだしっぺ。

サルベージとは、元々は海難救助という意味があり、沈んだ船から
お宝を引き揚げるというニュアンスもあります。

はなはだ恐縮ながら、
世に数多ある中小企業を「船」に喩えたのです。

海図やコンパスの無い状態で、ビジネスの海原に挑むのは無謀
じゃないか?という僕なりの提案です。

ビジネスにおける海図とは「理念」であり「ブランド」。

これを、ご自身の中から引き揚げることを、
ブランド・サルベージと名付けたのです。

実は、僕の二十数年のプロモート人生を振り返ってみると、
僕がやってきたことは、まさに「ブランド・サルベージ」
だったと想います。

  その企業の良さや強みを見つけ、
  コンセプトを言葉にして伝え、
  コミュニケーションツールを活用しつつ、
  ファンを増やし続ける。

今年に入って、このブランド・サルベージというコンセプトを考案
したとき、その威力を確信しましたので、早速既存のお客様と相談
して導入を進めています。

・旅館さま
・建築会社さま
・車販売会社さま
・証券会社さま

今月、あらかたのサルベージが進行しましたが、そこで得られつつ
ある「卓越の販売戦略」は、やった当人である僕が驚くほどのもの
になりそうです。

■仕事も人生も4つの事柄で構成されています。

・緊急で重要なこと
・緊急ではあるが重要ではないこと
・緊急でも重要でもないこと
・緊急ではないが重要なこと

お分かりの通り、四つ目が一番大切です。

  「緊急ではないが重要なこと」

今日明日にやるような類ではないが、実はとても重要だと感じている
ことを、多くの人は「先送り」してしまいます。

それが、ブランド・サルベージです。


■ブランドとはその市場であなたが選ばれる理由です。

ブランドがあると、どういうことが起きるか?

・お客様の方から探して来てくださる
・お客様というよりファンである
・応援され、クチコミされ、紹介される
・お勘定より「感情」で買ってくださる
・共感した人が、働きたいと言って集まる

つまり、ブランドとは「引力」なのです。

この引力があると、お金、スタッフ、仕入先様、お客様、
メディア、情報、チャンスが引き寄せられてきます。

ですので、ブランド・サルベージは、
以下のようなお悩みを解決できるかもしれません。

【モノ】

・主力商品がない。
・新商品開発が進まない。
・商品や施設のピークが過ぎた。

【カネ】

・売上が伸びない。
・価格競争の先が見えない。
・資金調達が難しくなってきた。

【情報】

・マンネリが蔓延している。
・販促物やメディアの効果が落ちて来た。
・自社の売りや良さを強みが分からない。

【ヒト】

・スタッフモチベーションを上げたい。
・採用がうまくいかない。
・業務フローが仕組化できずにいる。


■ブランディングに必要な5つのアイテム

1、実績(考・口・行の一致)
2、人間性(人も企業も人柄で決まる時代)
3、物語(感情移入できるストーリー)
4、メッセージ(共感した人が集まる言葉)
5、デザイン(分かりやすさと親しみやすさ)

そしてブランド引力の正体は
「優しさとぬくもり」だと想います。

上記の五つのアイテムも、それを感じていただくためのもの。

 あなたはどんな会社から買いたいか?
 あなたはどんな人とつきあいたいか?

こう考えると、ご納得いただけると想います。


■仕事も人生も4つの事柄で構成されています。

・緊急で重要なこと
・緊急ではあるが重要ではないこと
・緊急でも重要でもないこと
・緊急ではないが重要なこと

お分かりの通り、四つ目が一番大切です。

  「緊急ではないが重要なこと」

今日明日にやるような類ではないが、実はとても重要だと感じてい
ることを、多くの人は「先送り」してしまいます。

それが、ブランド・サルベージです。


ということで、

3月11日(金)に、キックオフセミナーを行います(^^)。

僕と両想いの方で、当日お時間が作れる方は、是非!

特に、中小企業経営者の方にオススメです。

もちろん、ブランドやファンづくりに興味のある個人事業主、起業
したい人や、起業数年以内のアントレプレナーの方々にも。


以下、再掲です。

(ここから)
――――――――――――――――――――――――――――――
「ファンを増やし続ける技術~ブランドサルベージ【salvage】」
――――――――――――――――――――――――――――――
 株式会社 乾杯・KANPAI松尾公輝が贈る。BtoBでもBtoCでもない
 Business to Fun時代の「ファンを増やし続ける技術」
――――――――――――――――――――――――――――――

近年、以下の質問に応えることの必要性と重要性に気づき、
実践している会社が増えていると想います。

「何のためにやっているのか?」
「誰のためにやっているのか?」

これは、操作性社会から共感性社会にシフトしたことが影響してお
り、 人も会社も「人柄や物語に共感していただく」ことが重要に
なっているのです。

機能や性能や新しさだけで勝負していても、
消耗戦になることは明白ですからね。

自社ならではの「物語を紡ぎ出して、スタッフ、取引先様、 お客
様の共感を創造したい」と願う経営者が増えて来ているのでしょう。

ブランディングの目的は「ファンづくり」にあります。
そのための技術は次の4つ。

――――――――――――――――――――――――――
1、良さや強みを見つける技術
――――――――――――――――――――――――――
2、コンセプトを言葉にして伝える技術
――――――――――――――――――――――――――
3、コミュニケーションツールを活用する技術
――――――――――――――――――――――――――
4、ファンを増やし続ける技術
――――――――――――――――――――――――――

本セミナーでは、「4、ファンづくり」に焦点をあて、
豊富な事例をマシンガンのようにお届けします。

★価格や納期対応だけの世界から抜け出したい方。
★親や子に真に自慢できる仕事に取り組みたい方。
★企業理念やコーポレートメッセージが欲しい方。
★良さや強みを言葉にして伝えたいと熱望する方。
★スタッフ、取引先、お客様から共感されたい方。

コンセプトメイク後にアウトプットされるツール類は、例えば以下
のようなものです。

【ツール】

・こころざし名刺
・物語カード 
・お礼状の仕組化 
・パブリックレター 
・ダンデリオンブック

【メディア】

・ぬくもりホームページ
・役立つニュースリリース
・働く野立看板

【リレーション】

・人脈販促
・セミナー戦略
・お客様の声の活用

――――――――――――――――――――――――――――

■日時/3月11日(金)
 午後7時開場7時15分開催(午後9時まで)

■会場/株式会社いきちか・研修室
    980-0014 仙台市青葉区本町1-5-31
    シエロ仙台ビル7階(仙台駅から徒歩3分)
    仙台アエルから徒歩2分30秒
    仙台駅前通りを北上し、
    アジュールから100mほど北にあるビルです。

■主催 コネクト・ミックス /代表 鈴木はるみ

■金額/5,000円(当日会場にてお支払いください)

――――――――――――――――――――――――――――
お申し込みはこちら!
http://my.formman.com/form/pc/NFTlCfKzBehcN7s8/
――――――――――――――――――――――――――――

お問い合わせは、
080-1830-7360(Connect-Mix
代表 鈴木はるみ)
(代表者ブログ)http://ameblo.jp/excellent358

・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・:・:*:・゜'★,。・:*:・゜'☆・:

(ここまで)


ということで、主催が僕じゃないところもミソです。

今回も「人の役に立つ」をモットーに語らせていただきます。



★「商売とは相思相愛を探す旅」
株式会社 乾杯・KANPAI
http://www.kanpai-kanpai.com/
業種を問わず大好評のメルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/service01.html


タグ :コンサル

同じカテゴリー(しごと)の記事画像
事業発展「七つの質問」に詳細に即答できますか(^^)?
チャンスは4度あります(^^)
お客様の声を活かす「個客」マーケティング事例
事業発展のために今日やるべきこと
真相究明
このひと手間が絆と数字を創る♪
同じカテゴリー(しごと)の記事
 「イベントの集客」について♪食べる・出す・ときどき断食 (2013-12-01 13:10)
 ホラ、やっぱりあなたやあなたの会社にこそ、POPが必要です!! (2013-11-03 21:38)
 続・借りたお金をどうやって返すのか? (2013-11-03 21:35)
 商売に効く処方箋として、もっとも優れているもの (2013-10-20 22:40)
 事業発展「七つの質問」に詳細に即答できますか(^^)? (2013-09-28 16:52)
 言葉の贈物を受け取る (2013-09-23 12:58)

Posted by しるばーうるふ at 22:28│Comments(0)しごと
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
緊急ではないが重要なこと/ブランド・サルベージ
    コメント(0)