2011年01月29日

水鏡無私

「水鏡無私」という焼酎があるらしいですね。

僕は飲んだことがありませんが、
焼酎はともかく、この言葉に惹きつけられます。

明鏡止水の境地に立って、
無我無私の実行者となる。

でも、僕は、自ら命を投げ出した神風特攻隊でも無ければ、
人の命を救うレスキュー隊長でも無く、
尊敬する夜回り先生こと水谷修さんでも無い。

ということで、「無私」禅の考え方でもありますね。

簡単に言うと、自分を無くして、事にあたる。

本質だけを見つめて、今できることを確実に行うこと。

ウィキペディアにも、
「差別、不正、独占などを排し、物事を公正に審判し、
 あるいは偏りなく分け合うことまたはそれらの状況を
 公平と言うことがある。
 公平に物事を進めるためには、自分の利益を優先したり、
 自分の主観で判断することは避けなければならず、
 このことを指して公平無私と言う。」

かの小林秀雄氏の友人には、
真の実行家と呼べる人がいたようです。

その友人の口癖がふたつ。
 ひとつは「ごもっとも」 
 もうひとつは「ごらんのとおり」

小林氏の原文を引用すると、

  誰かが主張する意見には決して反対せず、
  みんな聞き終ると「御尤も」と言った。

  自分の事になると、弁解を決してしない、
  「御覧の通り」と言った。

  自己主張より物の動きの方を尊重してゐるものだ。

  現実の新しい動きが看破されれば、
  直ちに古い解釈や知識を捨てる用意のある人だ。

  物の動きに順じて自己を日に新たにするとは一種の無私である。

  彼の仲間の一人が、
  あの人の「御尤も」と「御覧の通り」には、
  手も足も出ない、と私に語った事がある。

  彼には、人を説得するのに、
  「御尤も」と「御覧の通り」の二た言あれば足りたわけになる。
 
ううむ、さすが論客ですね。

僕も50歳には「水鏡無私」を目指します。

あと6年です(^_^;)。


★「商売とは相思相愛を探す旅」
株式会社 乾杯・KANPAI
http://www.kanpai-kanpai.com/
業種を問わず大好評のメルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/service01.html


同じカテゴリー(こころ)の記事画像
違いの分かる男
長男が「いじめ」に逢っている
不思議だ~
なぜ、お金を頂戴するのか?
あのときあれがあったからこそ
バースデーバレンタイン
同じカテゴリー(こころ)の記事
 プロとアマの違いは? (2011-02-27 22:37)
 成功の定義 (2011-02-13 17:12)
 グリーン車に乗る理由 (2011-02-13 17:05)
 人の心を開く唯一の方法 (2011-02-01 12:38)
 再び「母の席に座ってください」 (2011-01-30 20:46)
 父の授業 (2011-01-30 19:34)

Posted by しるばーうるふ at 10:13│Comments(0)こころ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
水鏡無私
    コメント(0)