2011年01月28日

1万人の1泊より、100人の100泊

「バリアフリーの旅を創る」
という本があります。

2000年6月発刊の本ですから、少々古いのですが、
良き本に出逢えたことを嬉しく想います。

房総の素晴らしい宿のオーナー様から、
お勧めの本としてご紹介いただきました。

まずもって、著者の高萩徳宗という方の
「お人柄」に惹かれます。

成功とは、優れた人格を持つことだ・・・と考えるからです。

この本を読んで、
 ●パラリンピックツアーでの、不登校の子供を持つ母親の吐露に、
  アクアラインを走るバスの中で涙しました。
 ●全盲のお客様をスマートにもてなした
  サンフランシスコのキュートな(だと確信する)
  ウエイトレスに会いたくなりました。
 ●天使の都と言われるバンコクに行って、
  タイという国の「優しさ」に触れてみたくなりました。
 ●「1度でいいから、温泉に入りたい」と言っていた
  88歳のお年寄りの逸話の清々しさに感動しました。

この本では、行政、民間、個人について、
バリアフリーというキーワードの元、
福祉施設、宿泊施設、旅行業者等々に対する、
様々な現実を分析し、いろいろな提言が書かれています。
(2000年6月発刊現在)

そして何より、高萩さんの、
情熱と志と可能性を強く感じる本でした。

 「1万人の1泊より、100人の100泊」

彼の信念は、素晴らしい!僕の事業も、
100人中99人からNOと言われるかもしれない。

しかし、たった1人でも
「君は素晴らしい!」
と言ってくださるお客様のために、
最善を尽くそうと想っています。

「ビジネスとは、相思相愛の相手を見つける旅」
です。

僕はふと思いました。

努力しても報われないこともある。

しかし、成功した人で努力しなかった人はいない。

施設面(ハード)を改善するのは時間もコストもかかる。

しかし、おもてなしの心(ハート)無きところに
何をしても意味はない。

心のバリアフリーをベースに、
自分が今できる精一杯をやることが大切ですね。

良い本でした。ありがとうございます。

ベルテンポ・トラベル・アンド・コンサルタンツ様
http://www.beltempo.jp/

高萩徳宗様オフィシャルサイト
http://www.beltempo.jp/takahagi.HP/index.html

以下、アマゾンの紹介文から。
内容(「BOOK」データベースより)
 数年後、「旅のバリアフリー」はかなり完成に近い状態に
 なるのではないかと期待している。
 旅行中、茶髪の女子高生がお年寄りに席を譲ってくれたり、
 パンチパーマの怖いお兄さんに車イスの介助を
 気持ちよく手伝ってもらって、それを感じる。
 旅をする人も受け入れる人たちも、いまは試行錯誤のときなのだ。
 では、何が欠けているのか。
 どこから手をつければ最初の一歩が踏み出せるのか
 ―そんな悩みを解決するヒントになれば、と、
 著者の実体験をもとに本書は書かれた。

内容(「MARC」データベースより)
 旅がしたいと思っても、
 情報やきっかけがなく諦めてしまう障害者や高齢者たち。
 受け入れる体制にない旅行会社。
 今の日本に何が欠けているのか。
 旅のバリアフリーのための提言を、実体験をもとに綴る。

著者 高萩徳宗
 旅は最高の心のリハビリです。
 バリアフリー(障壁の除去)は、
 単に段差やトイレの問題だけではありません。
 人と人の心のバリアが取り除ければ、
 障害があってもなくても旅が楽しめる環境に
 一歩でも近づくのではないでしょうか。
 障害がある方だけではなく、ご高齢の家族がいらっしゃる方や、
 ホテル・旅館などの施設経営者、旅行業に携わる方、
 福祉を学ぶ学生さんにもぜひお読み頂きたいと思います。


★「商売とは相思相愛を探す旅」
株式会社 乾杯・KANPAI
http://www.kanpai-kanpai.com/
業種を問わず大好評のメルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/service01.html


タグ :旅館ホテル

同じカテゴリー(しごと)の記事画像
事業発展「七つの質問」に詳細に即答できますか(^^)?
チャンスは4度あります(^^)
お客様の声を活かす「個客」マーケティング事例
事業発展のために今日やるべきこと
真相究明
このひと手間が絆と数字を創る♪
同じカテゴリー(しごと)の記事
 「イベントの集客」について♪食べる・出す・ときどき断食 (2013-12-01 13:10)
 ホラ、やっぱりあなたやあなたの会社にこそ、POPが必要です!! (2013-11-03 21:38)
 続・借りたお金をどうやって返すのか? (2013-11-03 21:35)
 商売に効く処方箋として、もっとも優れているもの (2013-10-20 22:40)
 事業発展「七つの質問」に詳細に即答できますか(^^)? (2013-09-28 16:52)
 言葉の贈物を受け取る (2013-09-23 12:58)

Posted by しるばーうるふ at 10:07│Comments(0)しごと
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
1万人の1泊より、100人の100泊
    コメント(0)