2011年01月22日

ミスターNGO

「風の学校」のリーダーで、
〔命の糧〕とも言える井戸掘りに人生をかけた人物こそ
《ミスターNGO》中田正一さんです。

僕の敬愛する人生の師であり飲み仲間でもある
「黒木安馬」先生に教えていただきました。
(黒木先生ありがとうございます)

中田さん曰く、
「モノやカネは外から調達できますが、
 水は現地になければ意味がありません。
 飢えと渇きに苦しむ人々に最も必要な命の糧は、水なんです」

1963年、アフガニスタンで1年半に渡る農業教育指導従事。

それ以来、飢えと渇きにあえぐ世界各地を飛び回り、
『風の学校』の教え子たちと共に
数多くの井戸を掘り続けた中田正一さん。

モノやカネに頼らず、
現地の人と共に汗を流して危機を乗り越えようとする彼の姿勢は、
そのまま現代社会に対する挑戦でもあったようです。

――――――――――――――――――――――――――――――
『わたしは「愛」の反対は「憎しみ」ではなく
 「無関心」だと思うんです。
 自分さえ豊かに生活できれば、他はどうであろうと一切無関心で、
 飽食を重ねてマネーゲームに興じている時代――。
 これは一番悪い社会だと思う』
――――――――――――――――――――――――――――――

さらに僕の琴線に触れた一言は、

「助けることは助けられること」

いろんな方が異口同音、
さらに言い方を変えて教えてくれていますし、
兼ねてから僕も言ったり書いたりしてきたのですが、
「人は、人の役に立つことでしか、幸せを感じることはできない」
という思想と同じだと感じました。

中田さんはすでに故人ですが、80歳を過ぎても世界を飛び回り、
命をかけて海外協力に情熱を傾けたその人生に共感します。


★「商売とは相思相愛を探す旅」
株式会社 乾杯・KANPAI
http://www.kanpai-kanpai.com/
業種を問わず大好評のメルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/service01.html


同じカテゴリー(こころ)の記事画像
違いの分かる男
長男が「いじめ」に逢っている
不思議だ~
なぜ、お金を頂戴するのか?
あのときあれがあったからこそ
バースデーバレンタイン
同じカテゴリー(こころ)の記事
 プロとアマの違いは? (2011-02-27 22:37)
 成功の定義 (2011-02-13 17:12)
 グリーン車に乗る理由 (2011-02-13 17:05)
 人の心を開く唯一の方法 (2011-02-01 12:38)
 再び「母の席に座ってください」 (2011-01-30 20:46)
 父の授業 (2011-01-30 19:34)

Posted by しるばーうるふ at 13:42│Comments(0)こころ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ミスターNGO
    コメント(0)