2007年07月08日

ボクチンも臨戦態勢



鏡の法則という本があり、それは野口嘉則さんという方が書かれた
もので、このたび、100万部を突破したのです。

先週末、7月6日(金)ホテルニューオオタニさんで行われたパー
ティーに、僕も招待され、我がことのように嬉しくて参加させてい
ただきました。


僕のような者に、素晴らしい本を著された野口さんが、非常に個人
的な内容のお手紙をくださり、是非、パーティーに来てくださいと
言われたら、行かないわけにはいきません。


でも、実は、驚くことに、彼とは初対面。

ただ、ネットでのつながりでした。


まだpdfファイルだったこの「鏡の法則」という物語に感動した僕
が、メールを差し上げたのがきっかけで、このラブサプリで紹介さ
せていただいたのがはじまりです。

実際にお会いしてお話ししてみると、そのお人柄は想像以上で、本
当にありがたい時間を過ごすことができました。


「是非、仙台にも来てください!」

 おそらく実現の日は来ます。


パーティーでは、僕にとっての嬉しい出会いもありました。

◆本田晃一さんとの再会でビジネス談義ができたこと。
◆ひすいこたろうさんとの寿司を食べながらの出会い。


などなど、収穫の大きなひとときでした。
ありがとう以外の言葉が出てきませんね。ホントです。


さて、


僕は、1年半前に、本書をインターネットからPDFでダウンロー
ドしました。彼が無償で配布していたのです。

ホンの30分程度で読み終わる内容でしたが、当時の感動を、僕は
このメルマガで以下のように綴っています。


(ここから)

実は、僕は面識もない方です。
でも、この方の書かれた無料e-bookで僕は涙を禁じえませんでした。

短い話ですが、僕が本来ラブサプリで書きたいことのすべてが書か
れています。

ゆっくり読んでも20~30分で読めてしまいますが、僕は3回以
上泣きました。読み返して泣いたのも含めると6回以上嗚咽して涙
しました。

140本以上メルマガを書いてきて、僕が、未だ表現しきれていな
い真理が紐解かれているのです。

奇跡の物語です。

(ここまで)


このラブサプリも今回で282本です。

鏡の法則に書かれていることに、1歩でも近づきたいという想いで、
今日もキーボードを叩きました。



僕がダウンロードして5ヵ月後に、本書は商業出版されました。

それから約1年で、あれよあれよという間に、100万部です。

日本人120人に1人が、購入した計算になりますね。

ミリオンセラーとは、社会現象です。



クチコミで広がり、出版社を動かし、
なお、ミクシィなどネットでのコミュニティーの広がりを
見せながら、短期間でミリオンセラーとなった本書は、

その内容の良さに照らしても、平成を代表する本になると確信して
います。


ということで、出会いがすべてであり、出会いに感謝することの大
切さを、再確認した夜でした。





■同じベクトルの仲間が集まるイベントです。


 7月14日 宮城を元氣にするための情報発信力アップ交流会
 http://www.bijotoyaju.com/2007/07/post_18.html

 7月16日 中谷彰宏講演会  IN 仙台
 http://www.bijotoyaju.com/2007/07/714.html

 7月21日 大才は袖ふりあう縁も生かす交流会
 http://www.e-touhoku.com/6/post_3.html



21日(土)は、ボクチンも臨戦態勢です(笑)


※写真は陶芸と子供達です。例によって本文とまったく関係なしです(*^_^*)


同じカテゴリー(こころ)の記事画像
違いの分かる男
長男が「いじめ」に逢っている
不思議だ~
なぜ、お金を頂戴するのか?
あのときあれがあったからこそ
バースデーバレンタイン
同じカテゴリー(こころ)の記事
 プロとアマの違いは? (2011-02-27 22:37)
 成功の定義 (2011-02-13 17:12)
 グリーン車に乗る理由 (2011-02-13 17:05)
 人の心を開く唯一の方法 (2011-02-01 12:38)
 再び「母の席に座ってください」 (2011-01-30 20:46)
 父の授業 (2011-01-30 19:34)

Posted by しるばーうるふ at 14:20│Comments(0)こころ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ボクチンも臨戦態勢
    コメント(0)