2009年09月26日

ひとりのお客様もいない事業を創る





僕は、僕の主宰する旅館ホテル販促鍛錬塾塾生の方々に
言い放ちます(*^^)v

「誰ひとり買わない商品を作ることの方が難しいのです」
「ひとりのお客様もいない事業を創る方が難しいのです」

さて、

僕と懇意の「湯主一條」様という600年続く老舗旅館があります。
もうすでにブランドであり、語り草を沢山お持ちです。

時音の宿 湯主一條 
代表取締役 一條達也様
http://www.ichijoh.co.jp/

社長の一條さんは、カッコイイ方で、考え方も素晴らしく、前期の
宮城県青年部長はじめ、数々の要職を歴任されています。

僕とも生涯のおつきあいを約束していただいている方です。

でも、

先週、新潟に行って、ある旅館様で、湯主一條様の話をしたのです
が、ご存知ありませんでした。
「え、あの湯主さんを知らないの?」って感じです。

また、

僕の中では、鍛錬塾パートナー講師である中山マコト先生はメジ
ャーですし、事業構築の面では金森重樹さん等々も「僕にとっては
メジャーな存在」ですが、周りに聞いてみると誰も知らない。

さらに、

仲間内で、あるいはパーティーや飲み会で、ホテルや旅館の話題に
なったとき、僕が話す数々の宿泊施設様に「同じ県内でも行ったこ
とのある人」は少ないし、僕ですら知らない施設様は数限りなくあ
ります。


 ことほど左様に、世間は広い。


つまり、お客様になってくださる可能性を秘めた人たちは、沢山い
るのですっ!と。

(正確には「そう考え、それを前提にして、信じて行動する」のです)

誰ひとり買わない商品を作ることの方が難しいのです。
ひとりのお客様もいない事業を創る方が難しいのです。
http://www.kanpai-kanpai.com

画像は、
昨日に引き続き「チョコレートファイター」


同じカテゴリー(しごと)の記事画像
事業発展「七つの質問」に詳細に即答できますか(^^)?
チャンスは4度あります(^^)
お客様の声を活かす「個客」マーケティング事例
事業発展のために今日やるべきこと
真相究明
このひと手間が絆と数字を創る♪
同じカテゴリー(しごと)の記事
 「イベントの集客」について♪食べる・出す・ときどき断食 (2013-12-01 13:10)
 ホラ、やっぱりあなたやあなたの会社にこそ、POPが必要です!! (2013-11-03 21:38)
 続・借りたお金をどうやって返すのか? (2013-11-03 21:35)
 商売に効く処方箋として、もっとも優れているもの (2013-10-20 22:40)
 事業発展「七つの質問」に詳細に即答できますか(^^)? (2013-09-28 16:52)
 言葉の贈物を受け取る (2013-09-23 12:58)

Posted by しるばーうるふ at 12:16│Comments(0)しごと
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ひとりのお客様もいない事業を創る
    コメント(0)