2009年08月18日

心の時代にモノを売るとは?

操作性社会から共感性社会へ。

ああ、多くの人が、
言葉を尽くして異口同音に語って来たことが、
やっと、ひと言で言えた。。。

なんか、スッキリしました。

「21世紀は心の時代」なんて言われてきましたが、
キーワードは「 共感 」ですね。

心の時代とは、共感の時代。

心の時代にモノを売るとは、
共感してもらいたい人に共感してもらうこと。

めぐるさん
ありがとうございます。

銀狼

※今日の気づきは、以下の方から教わりました。

◆前田めぐる(バリューアドバイザー)
◆バリュープロモーション → http://value-p.jp/
◆ブログ http://valuep.livedoor.biz/
◆著書 『Value Seeds100 ワーキングマザーが見つけたバリューのタネ 』


同じカテゴリー(こころ)の記事画像
違いの分かる男
長男が「いじめ」に逢っている
不思議だ~
なぜ、お金を頂戴するのか?
あのときあれがあったからこそ
バースデーバレンタイン
同じカテゴリー(こころ)の記事
 プロとアマの違いは? (2011-02-27 22:37)
 成功の定義 (2011-02-13 17:12)
 グリーン車に乗る理由 (2011-02-13 17:05)
 人の心を開く唯一の方法 (2011-02-01 12:38)
 再び「母の席に座ってください」 (2011-01-30 20:46)
 父の授業 (2011-01-30 19:34)

Posted by しるばーうるふ at 11:09│Comments(0)こころ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心の時代にモノを売るとは?
    コメント(0)