2009年07月15日

余計なお世話か、ありがたい推進役か。





市況は厳しい。

同業コンサルタントのある人は、
「必要と分かっているのに買ってくれない」と嘆いている。

そう、コンサルなど「余計なお世話」である。
しかし、「ありがたい推進役」でもある。

その境目は無いに等しいが、結局はどちらかに転ぶ。

そして僕はコンサルではない。
アドバイザーであり、販促のプロデューサーである。

「松尾君、ここは世界にアピールできる
 観光地になれるんだ。力を貸してくれ」

「うちはお客様さえ来ていただけたら、
 絶対に満足してお帰りいただく
 自信があるんです」

「松尾さん、30年後、僕らの子供たちは、
事業を継いでくれるかな?
 もし継いでくれるとしたらなおさら、
 この青い空を曇らせちゃいけないね」

本音と建前が交錯する中、
真実と本質に光をあてることができるかどうか。

またまたチャレンジの日々が始まるな~っ!

株式会社 乾杯・KANPAI
まもなくスタートします。

海の日に、サイト開き(*^^)v
 
 



Posted by しるばーうるふ at 16:11│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
余計なお世話か、ありがたい推進役か。
    コメント(0)