2009年06月06日

あのときあれがあったからこそ





日記タイトルのような、

「あのときあれがあったからこそ、今の自分がいる」

という劇的体験を、劇的時期を、
多くの人は、明確に意識できているのだろうか?

結論を言えば
「人生の時間のすべてが今の自分を創って来た」のだ。

それは例えるなら、

僕の身体の
3割が牛タンで、
2割がサバの水煮で、
1割がお寿司であると同様に、

取り入れてきたもので身体は構成されている、
と言ったようなもの。

原因と結果の法則により、今の自分ができたのは
「あのとき」という「すべての時間」が関与しているのだ。

でもそれじゃ、身もフタも無くあんまりなので、
「あのときあれがあったからこそ」と感謝できる記憶
をつらつらと探ってみたところ、

・・・今のところ無い(^_^;)。

・・・ま、もちろん感謝できる記憶は沢山あるが、
人生を変え、それがあったからこそと明言できる記憶は無い。

強いて言えば、

父のセンセーショナルな死。
母の自己破産手続きを半年がかりで代行。
かみさんの・・・これは書けないけど今でも苦しい。

でもどんなにツライときも、
明るく楽しくやってきた自負はある。

「あのときあれがあったからこそ」

そして言えるころは、この10ヶ月、
そしてこの先「半年」こそは、
僕にとって真にそうした時期にあたってくるのだろうと思う。

「あの時期があったからこそ」

と、自己成長の連続を懐かしめるよう、
人事を尽くして自分の人生を信頼しよう。


プレジデントビジョンで読んだ印象的台詞。

「自分の価値について盲目的に自信を持ちなさい。
 ただし、他人とのつきあいは謙虚さを失わないこと」

「こうなったらどうしよう、という恐怖ではなく、
 こうなったら素晴らしいな、という願望を、
 自分の意識に刻印しなさい」

うっしゃ~っ。
 


同じカテゴリー(こころ)の記事画像
違いの分かる男
長男が「いじめ」に逢っている
不思議だ~
なぜ、お金を頂戴するのか?
バースデーバレンタイン
忙しいときこそ
同じカテゴリー(こころ)の記事
 プロとアマの違いは? (2011-02-27 22:37)
 成功の定義 (2011-02-13 17:12)
 グリーン車に乗る理由 (2011-02-13 17:05)
 人の心を開く唯一の方法 (2011-02-01 12:38)
 再び「母の席に座ってください」 (2011-01-30 20:46)
 父の授業 (2011-01-30 19:34)

Posted by しるばーうるふ at 01:08│Comments(0)こころ
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
あのときあれがあったからこそ
    コメント(0)