2007年03月18日

妄想マーケティング




風俗と美容と健康と教育産業は廃れないと言われますね。

ということで、今日は「 妄想 」についてです。
(あまり脈絡らしい脈絡なし)

女性の読者さんは、決して読まないでください

読むと必ず後悔しますから、絶対に読まないように。

僕の正体がばれます(泣)


リビドー(Libido)
とはラテン語で「(強い)欲望」を意味します。


そしてリビドーは、日常的には性的欲望または性衝動
同義に用いられ、これは「性的衝動を発動させる力」とする
フロイトによる解釈から継承したものです。
(Wikipedia抜粋)

上記は、フロイトの『性欲論三編』(1905年)にあるようですね。
本書では「不変かつ必然的にもつ性的本性」という概念を
リビドーと提唱しています。

辞書では、
  
> 無意識の深層から発する欲求、性欲など。
(誠文堂新光社 机上辞典)

> 精神分析学で、潜在意識として存する性欲または、  
本能のエネルギーの本体。
[昇華] (三省堂 新小辞林)

> 人間の行動のもとになる性的欲望。
(三省堂 新明解国語辞典)
 
って感じでしょうか。


さて、


先月、ビジネスセレブメンバーと秋保温泉にあるコテージに
遊びに行ったとき、話が盛り上がって創設した学校があります。


 「リビドー学園」です(オイオイッ(^_^;))


提唱者である僕が「学園長」に就任しました。

学校長でもなく、学院長でもなく、学園長であることが
ポイントですね。(リビドーのある人には分かります)

で、今日のリビドーですが、

僕の次男が通う幼稚園の先生が、ちょっと女優の
木村佳乃さんに似ているというところから発想してみました。
http://dir.yahoo.co.jp/talent/7/w96-0210.html


実行はしていませんが、以下のような感じはどうでしょうか?



◆僕 「佳乃先生、いつも僕の『息子』がお世話になってます」


い~ね~っ。

息子を「愚息」と表現してもいいでしょう。
でも「息子」のまま続けてみます。



◆先生 「息子さん、吃驚する程どんどん大きくなっていますよ」

◆僕 「暴れん『棒』ですみません」

◆先生 「いえいえ、愛おしいです。

     それに私、鎮めるのはすごく得意ですから」

◆僕 「ハハハ、先生は上手いから。さすがの息子も観念しますよ。

    僕は息子を抑えるので精一杯で」

◆先生 「いたずらな息子さんですからね(*^_^*)

     うふふっ、カワイイッ!」



  ・・・いたずらな息子。。。

  ・・・ど、どうですか?

  我ながら、とてもリビドーを感じます。



ということで、リビドー学園では、生徒募集中(^_^;)!


(僕はアホか? いや、アフォだ、あふぉ、完全に・・・)




Posted by しるばーうるふ at 15:53│Comments(0)
この記事へのトラックバック
国内旅行なら宮城県の秋保温泉できまりですね。旅行される方是非ご覧下さい
国内旅行/宮城県の秋保温泉【お得情報の豆知識】at 2007年04月19日 22:58
ゴールデンウィーク、お盆休暇、正月・・年に数回ある連休を利用してあなたは国内旅行と海外旅行どちらへ出かけたいですか?最近は国内旅行という人が多いようです。
国内旅行なら手軽・気軽 【国内旅行でも海外旅行でも旅行に行きたいんだってば】at 2007年07月10日 23:25
たまたまこのブログにたどりついたあなた。 お金を生み出す”型”を身につけたくあり...
金銭的に一生困らない方法があります。【ダイレクトレスポンスマーケティングの使い方】at 2007年08月28日 16:02
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
妄想マーケティング
    コメント(0)