スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2013年05月12日

ホテル事業スタート♪どんな事業経営も、やり方の7割は同じ


こんにちは
株式会社IOS 中鉢です。

弊社はクライアントに宿泊施設様が多いIT会社ですが、ここ数年、
実業としてのホテル運営に携わりたいという目標を持っていました。

そして、5月1日に仙台市内でホテルの営業を開始することができました。

宿泊特化型の小規模なビジネスホテルですが、宿泊されるお客様に
出来得る限りのホスピタリティを提供出来るよう努めて参ります。

ここで少し“IT会社がホテル事業を行う”に至った条件や材料に
ついて触れたいと思います。

思い付く所で主に3点あります。


(1)【資金繰り】

まず、ウチが宿泊業界に特化してITのお手伝いをさせていただいていた
ということ。

稼働率や室単価を、Webで上げるノウハウはあったので、ここは
金融機関さんを説得するに必要な材料だったと思います(経営計画書の他に)。


(2)【ご縁】

次に、東北地方での宿泊業界との繋がりがあった(現在約300施設様と
取引しています)ため、物件自体のお話はたまに頂いていたということ。


(3)【夢と情熱】

最後に、僕がここ数年やりたかった事業で、且つスタッフの賛同も
得られたということ。

ホテル⇔Web、それぞれに相乗効果をもたらすことが出来ると。


上記の3点がまずあって、ホテル事業をスタートさせたわけですが、
販促方法は知っていても実際のオペレーションは果たしてどうかと。

勉強もしたことがないし、実際の経験も皆無。。


ところが、
やってみるとこれが楽しいんです。

全然分からないどころか、既存のスタッフ達に教えてもらいながら、
どんどんアイディアやてこ入れしたい部分が出てくる。

例えるなら新入社員の気分です。


年間予算の立て方や数値の見方、業者の選定、顧客ロイヤリティに
対する社内議論なども、特にWeb事業とそう変わるものではなく、
少し違うのは、仕入れ業者さんの数やスタッフのシフトの組み方
(365日24h営業ですから)程度でした。


今のところ、GWの観光客も手伝って、稼働も順調です♪


以前、ある社長にこう提言されました。

「異業種に参入する際、7割はどの業種も進め方は同じ。
 新規参入の際は残り3割を業界を知っているスタッフに
 カバーしてもらうんだ」

まさしくその通りでした。

ホテルを知っている既存スタッフがきちんとフロント業務をこなしてくれ、
清掃スタッフがキビキビと動いてくれる。

あとは僕が、経営者の責任を果たし、どれだけより良いホテルに
育てられるか、ですね。

Web事業部との本格的なコラボは連休明けからですが、URLだけ
ご案内させてください!


●ホテルパーク仙台Ⅱ●
http://www.park2.jp/


今回、僕が何を強く申し上げたかったと言いますと、
経営やマネジメントを経験されたことがある方なら、

殆どの事業の進め方は同じだと言う事、
そして、新規事業は楽しいという事です。


何の経験や訓練を積まなくても、そこにあなたの夢と情熱&少しの
ご縁があれば、采配を振るうことは十分可能です。

第二創業や業態の多角化が必要だと言われている昨今、スタートさせる
具体的な目標時期を決めて、トライされてみてはいかがでしょうか?


何かの際にはブランドサルベージメンバーがお手伝い出来ますよ!





★「楽しさが業績に変わる!」
中小企業の良さと強みを見つけたい方へ
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/
ヒラメキ無料メルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/mm.php  

Posted by しるばーうるふ at 11:34Comments(0)しごと