スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2013年03月02日

企業の接客は一流のデパートたれ


こんちには。IOSの中鉢です☆


よく営業ノウハウ本では「営業マンと販売員は違う」と書かれています。


営業マンは提案力や引き出す能力が必要だ、
それに比べて販売員は来たお客様の相手をしていれば良い、
等と比較されがちですね。


しかし、
「接客」「対応」という点では
販売員から学ぶ点が非常に多い。


僕はよく出張先で空いた時間に買い物を楽しみます。

最近では、歓楽街(笑)の場所と一緒に、ショッピング街の位置や
取り扱いのブランドなども下調べすることも。


先日東京出張時、初めて新宿伊勢丹メンズ館に行きました。

まあ、遣いましたね(汗)

最終的には、抱えきれない全てのショッピングバッグを宅急便で自宅に
送ったほどです。。


もちろん取り扱いブランドも良いですし、仙台ではお目にかかれない
ハイブランドもあったので、品揃え・商品力の勝利とも取れますが、
それ以上に館内全体の接客のレベルが非常に高い!


どのフロア、どのショップに入っても間違いない接客なんです。


要望を聞くや掘り起こすは当たり前なんですが、

・接客態度
・対応スピード
・心遣い
・フレンドリー感
・礼儀作法
・清潔感

どれを取っても素晴らしい。


目ぼしいアイテムがなくても何か“付き合って”しまいます。


ブランドが一緒であれば同じ商品を陳列してはずいるのに、地方店は
だいぶ売上を損しているな、と思った瞬間でした。


提案力不足や商品力不足で売れない、
と嘆いている営業マンも多くいますが、

接客術や営業作法でも十分に戦える、と思いましたね。


「まず君から買うから、あとは頑張ってみろ」

という懐の深い社長さんもよくいるもんです。



-----------------------------------------------------------
■ 「1店だけじゃ来てくれません」
-----------------------------------------------------------


そしてこのくだり、館内の1店のショップだけが良い対応ではダメなんです。

そのショップに用が無いと行きませんから。


そのデパートに足を向かわせるには、

「買い物をするならあそこだ」

をインプットさせてしまうことです。


だから、館内全体のレベルを常に一定以上に保たなくてはいけない。


これ、企業にも置き換えられます。

外交担当が一人のスーパー営業マンだけでは、その人の携帯しか鳴りません。

体調不良や配置転換でその営業マンがいなければ、お客さんは離れて
しまうでしょう。


先週のさゆりさんのメルマガでも、馴染みの担当者がいなくなったために、
ブティックから足が遠のいたエピソードを紹介していましたね。


顧客の情報共有も含めて、企業全体の接客・対応レベルを高く保って
いなければいけません。


「この会社なら誰が対応しても大丈夫、間違いない」

「いつも感じが良いので、連絡がしやすい」

「信用しているので、手放しで提案に耳を傾けてしまう」

「何かあったらココに連絡しよう」


“会社に足を運んでもらえるように”スタッフ全員・企業組織としての
日頃からの意識が必要ですね。




★「楽しさが業績に変わる!」
中小企業の良さと強みを見つけたい方へ
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/
ヒラメキ無料メルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/mm.php  

Posted by しるばーうるふ at 16:37Comments(0)しごと