スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2012年05月19日

プロの書く技術~レディ・ガガも実践!食べて痩せるダイエット~

こんにちは
コトダマーケティングの市毛です。

今回は、プロのコピーライターの「ライティングテクニック」を、
ちょっとだけご披露しちゃいましょう。

まずはタイトルの付け方。

実はこれ、とっても大切です。

ブログやメルマガ、ウェブサイトのコンテンツは、タイトルで興味
を引かなければ、中身を読んでもらえません。

ここで、読者の心をぐっとつかまなければいけないわけです。

ところが、ほとんどの人は、本文を書くのに費やす時間に比べて、
タイトルを考える時間がとても短い。

たいていは本文を書き上げてから、
最後にタイトルをつけるからです。

もう疲れちゃってて、考える気力がわかないんですね。
結局、書いた文章の中から言葉を適当に拾ってつけちゃう。

これでは、なかなか
おもしろいタイトルにはなりません。

ではどうするか。

これ、書く順番を逆にします。
まず、タイトルを考えちゃうんです。

余力のあるうちに、おもしろいタイトルを、あれやこれやと考える
わけです。

タイトルが決まると、本文に何を書けばいいか、どんな切り口に
するか、も決まりますから、実は、本文を書く効率もよくなります。

意外なほどスムーズに書けちゃうはずです。

とは言っても、時間をかけてもそう簡単におもしろいタイトルなんて、
思いつきませんよね。

プロのコツをひとつお教えしましょう。

「ギャップ」をつくることです。

常識とズレたこと、違うことをあえて言ってみてください。

たとえば、

食事制限で痩せるダイエットは
栄養のバランスをくずすし、リバウンドしやすい。
だから、きちんと食べて、運動でダイエットすべき。

という文章を書きたい場合、

「お腹いっぱい食べてダイエット」とタイトルをつけてみます。

お腹いっぱい食べることは、常識ではダイエットの敵です。
食べてやせるなんてあり得ないわけで、どういうこと?と、ちょっと
読んでみたくなってしまうという仕掛けです。

しかし、プロのテクニックとしては、これだけではまだ弱い。

さらに注目を集めるために、もうひとひねりします。

いま、みんなが興味をもっているネタに乗っかっちゃうんです。

たとえば、いまなら日本公演を終えたばかりで注目度の高い
レディ・ガガに乗ってみます。

「レディ・ガガも実践!食べて痩せるダイエット」

なんてタイトルをつけちゃうと、がぜんページビューが増えます。

実際、レディ・ガガは、1日5食 食べるという、
食べて痩せるダイエットを実践してたそうです。

つまり、お客様が興味を持っていることは何か、知りたいことは
何か、をよ~く考えて、それを自社の商品やサービス、つまり
「言いたいこと」につなげればいいんです。

私が、タイトルを先に考えることをお勧めする理由は、もうひとつ
あります。

おもしろいタイトルは、本文もおもしろくします。

文章のおもしろさの本質は切り口です。

ユニークな視点です。

タイトルを先に考えることによって、それがすでにでき上がってる
わけですから、おもしろくならないわけがないのです。

まずはタイトルから考える。

だまされたと思って、一度やってみてください。

明日から、あれほど苦痛だったライティングがきっと楽しく思える
ようになりますよ。


市毛秀穗

フェイスブック=http://www.facebook.com/hideo.ichige
ツイッター=https://twitter.com/hideppo



★「楽しさが業績に変わる!」
中小企業の良さと強みを見つけたい方へ
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/
ヒラメキ無料メルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/brand/mm.php  

Posted by しるばーうるふ at 21:40Comments(0)しごと