スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年05月10日

人間教育トレーナーとしての人間観


鍛錬塾でメルマガを書いてもらっているラボ・ジャパン株式会社の
佐藤なな子女史の旦那様で、社長である藤田和久氏から、とても
いい話を聞きましたのでシェアさせてください。

★研修講師として望ましい経歴や経験とは?
★研修講師として持つべき資質とは?

という質問をさせていただいたのです。

前者には、以下のようなご回答をいただきました。

●企業組織人の経験
●寝食を忘れ何かに命がけで熱中没頭した経験
●師事できる講師に1年間なら1年間付き添った経験

何かに熱中したことがある人間が、研修講師として相応しいと言う
部分、非常によく分かります。

人に何かを働きかけて行動につなげようとしたなら、やはり人間力
が必要であり、冷めた人間には無理でしょう。

後者には、以下のようなご回答をいただきました。

●人間が好きな事
●好奇心がある事
●自分や自分の経験を人に押し付けない
●教えない事
●引き出す力がある事
●感受性が豊かである事
●状況を柔軟に見る力を持っている事
●観察力がある事
●共感・理解できる事
●言語力(読み書き話す)リテラシーがある事
●事務能力(資料管理力・やりとりする力)
●係数管理能力
●なめられない力
●素直な気持ち
●失敗を素直に認められる事
●分からないことを分からないという事
●体力(心身ともに健康)
●自己管理力
●人の成長の姿を見ることに無上の喜びを感じる事

特徴的なのは、「人に押し付けない」「教えない」という部分
でしょう。

超・ファシリテーターであり人気研修講師として全国を年間
300日飛び回っている藤田社長ならではの視点だと想います。


最後に、震災を受けて「再起力」というテーマで、「ハーバード
ビジネスレビュー」に書かれていたとして、パートナー企業である
ラボ・ジャパン藤田社長から教えてもらった言葉もご紹介しましょう。

(1)現実をしっかり受け止める力
(2)「人生には何らかの意味がある」という
   強い価値観によって支えられた確固たる信念
(3)超人的な即興力
   (スピードがあってアレンジができること/松尾解釈)

いかがでしょうか?

特に「人生には何らかの意味がある」という風に物事を捉える価値観
と信念が再起力には必要であるという提言に、激しく共感します。


 ビジョナリー経営を推進する
 ラボ・ジャパン様のWEBは以下です。

 藤田和久ブログ「自立自走の人材育成~ジンカツのすすめ」
 http://ameblo.jp/labjapan-kensyu/

 佐藤なな子ブログ「中小企業の人事制度~やっぱり人ですね」
 http://ameblo.jp/labjapan-jinji/

 ラボ・ジャパン株式会社    
 http://www.lab-japan.jp/



★「商売とは相思相愛を探す旅」
株式会社 乾杯・KANPAI
http://www.kanpai-kanpai.com/
業種を問わず大好評のメルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/service01.html


人気ブログランキングへ  

Posted by しるばーうるふ at 22:15Comments(0)しごと