スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年03月09日

幸福の五原則~もう一度、同じ人生を歩むとしたら

★★★★★30秒読破!★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

全国に6000人以上!「3%の会」とは?

元日本航空客室乗務員 黒木安馬氏が30年間ファーストクラスの
乗務員として世界のVIPと接するうちに身に着けた接客、考え方、
行動力などを学びながら参加者と交流を深めていく、全国的な異業
種交流会です。

先週3月5日(土)に、代表の黒木安馬先生の話しを、より多くの方に
聞いてもらいたく株式会社 乾杯・KANPAI主催にてオープンセミナーを
企画しました。

3%というのは、ハーバード大学の研究結果から由来しており、
ハーバードを卒業して55歳になった人へのアンケートで明らかに
なった「成功の係数」です。

「自分自身と握手できるか?」
「もう一度、同じ人生を歩むとしたら納得できるか?」

こんな問いに明確に「イエス」と答えられた人は、ハーバード大学
出身でも全体の3%しかいなかったんですね。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


あなたは、自宅やプールやコンサートホールやテニスコートを、
たった一人で作った経験があるでしょうか?

黒木さんは若いときに1300坪の土地を買い、400本の木を伐採
したり、プールやテニスコートを「手作り」したり、コンサートホールを
作ったり、もちろん自宅も自分で設計して、自分の手で建築してしまう
という型破りな方。

自宅完成までに25年以上かかってるんです!

そのコンサートホールでは加藤登紀子さん等、一流どころが歌って
ますし、毎年開催の自宅バーベキューパーティーには百人単位の
著名人含む面々が集い、朝まで飲み明かします。

昨年、ハリソンフォードも遊びに来たらしい(^_^ホントかね?)。

そのプールは、NHKドラマで昨年映画化もされた「ハゲタカ」の
主人公自宅としてロケも慣行!
著作も、『成幸学 人生の「正面教師」たち』など多数出版。

彼が到達した成功法則は以下のみっつ。

 1、「しかし」と言わない「なるほど」と言う。
 2、「だから」と言わない「だからこそ」と言う。
 3、「書く」だけではない「描く」習慣がある。

さて、

ということで、
黒木さんから教えてもらった「い~い話し」は枚挙に暇が無いです。

 今のあなたの姿が、今のあなたの運命に相応しい → 釈迦
 今のあなたの行動は、あなたの未来の予言者 → キリスト

ドキッとしますよね。

今日という日の積み重ねが、明日の自分を創るなど、本当に当たり前
のことですが、それを腹から実感して生きているかと問われれば、
少々心もとない(^_^;)

以下、黒木節を代筆します。

 地球一周は、正確には赤道周囲で4万77km。
 われらが宇宙船地球号は、この瞬間も秒速464メートル、
 時速1670kmのスピードで24時間に一回転しながら、
 365日かけて太陽を中心に公転している。

 プロ野球投手の剛速球が時速150km、
 新幹線のぞみは時速290km、
 旅客機の巡航速度は風向きによって変化するが
 対地時速で860km前後。

 音の速さが秒速340m、
 時速にして1226km。
 これがマッハ・音速である。

 とすれば、我々がこうしている現在も、
 音速以上の猛スピード、時速1670kmで、
 誰一人の例外もなく、もちろんあなたも、
 カンオケに向かって突進していることになる。

 そして、地球も飛行機も私たちの人生も、
 当たり前すぎることだが、一秒すらも後戻りはできない。

まさにそうですよね。

「今」は刹那に過ぎて行きます。
そして、どこに向かっているのかは、おっしゃるとおり棺桶。

 「"人生お一人様一回限りにさせていただいております!" 
  と神様は言う」は、黒木さんの口ぐせのひとつ。

 あなたは、マッハ1.4もある時速1670kmの
 《あなたの人生という飛行機》のCockpit(操縦席)
 に座るCaptain(機長)なのである。

う~む。おそろし・・・・いやいや、面白い!

 他人様と過去を変えることはできないが、
 自分と自分の未来は今すぐにでも変えることが出来る。
 やり直しは不可能だが、出直しはいつでも可能。

とまぁ、黒木さんのコトバは、
速射砲のように何時間でも続きます(笑)。

先日(3/5)も、11時間近くご一緒しましたが、まぁ~よくし
ゃべる!僕もタジタジです(^_^;)

ご紹介したい話題は尽きないのですが、黒木さんがよく引き合いに
出す、心理学者カール・ユングが言う《幸福の五原則》をご紹介し
て、本日のメインディッシュとさせていただきます。


 1、健康
 2、パートナー
 3、感動
 4、仕事
 5、お金


一つ目の健康は、体の健康と心の健康が大事ということです。

良いことを想えば良いことが起き、悪いことを想えば必ず悪い方へ
向かう。本当に当たり前の真理です。

黒木さんは、そのように振舞っていると、間違いなくそのような人間
になって行く潜在意識と誘引の法則だと言っています。

 明日が当たり前のようにまた間違いなくやってくる。
 ・・・果たして、そうだろうか。
 そうじゃない日もやがて、
 あなたにも必ずやって来るのだ。

まさにその通りですよね。

二つ目はパートナー。
生きることの目的とは「生涯最後まで、そうだね、そうだね」と共感
してくれるパートナー探しに尽きるようです。

 よきパートナーは、
 喜びを倍にし、
 悲しみを半分にしてくれる。

僕も相手に実感してもらえるように生きたいです。

ここで黒木さん一流の洒落を。

   判断力の欠如で結婚し、
   忍耐力の欠如で離婚し、
   記憶力の欠如で再婚する。

わはは(^_^;)

 
三つ目は、感動する心。
「喜び上手は、生きかた上手。一日一感動」なるほどですね。

 アインシュタインが1922年に来日した折、
 世界に向けて発信した言葉があるそうです。

「世界の未来は進むだけ進み、その間幾度か争いは繰り返されて
最後の戦いに疲れる時が来る。その時人類は真の平和を求めて
世界の盟主を挙げねばならない。
その世界の盟主たるものは武力や金力ではなく、あらゆる国の歴史
を抜き越えた最も古く最も尊い家柄でなくてはならぬ。世界の文化
はアジアに始まってアジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。我々は神に
感謝する。我々に日本という尊い国を作っておいてくれたことを。」

 昇る朝日に手を合わせて感謝する
 崇高で勤勉な日本人に心を打たれたと言います。
 
四つ目は、朝起きた時にやることがあること。
これも頷くしかないですね。

何もすることが無い状態とは、
お役に立ちたいと想える対象が無いということだと想います。

自分が無価値な存在だと想うことが不幸であり、
「あなたがいてくれて良かった」と言ってくれる誰かのために、
「今日も、やることがある」のが幸福です。

最後の五つ目は、ほどほどのお金。
"この人生はどんなに辛くとも生きるに値する。そのために必要な
ものは、勇気と想像力とほんの少しのお金だ"と、チャップリン。

お金があれば、解決できることも多々あるというのは事実ですよね。
もちろん、お金は目的ではなく、手段ですし、使う人次第です。

だからお金は、良き人とセットされてはじめて活きるのでしょう。

黒木さんも、

 「金がないから何も出来ないという人間は、
  金があっても何も出来ない。」と言っています。

また、「老後の不安は、孤独・病気・貧乏。」であるとも。


以上、《幸福の五原則》でした。


 Vita mutatur, non talitur.
 
 Latin語 
 人生は変えていくもの、
 奪われていくものではない)


人気ブログランキングへ


★「商売とは相思相愛を探す旅」
株式会社 乾杯・KANPAI
http://www.kanpai-kanpai.com/
業種を問わず大好評のメルマガ↓です。
http://www.kanpai-kanpai.com/service01.html  

Posted by しるばーうるふ at 07:55Comments(0)