スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2008年04月28日

未解決な感情

それは、インナーチャイルドの話です。

あなたが子どもの頃、主に、両親に対して、

「理解できなかったこと」
「悲しかった記憶」
「寂しかった思い出」
「くやしかった出来事」

があったとして、それが当時、どうしても咀嚼できなかったとしま
しょう。

例えば、「両親の離婚」などがそれにあたります。
子供心では、理解の外にある出来事でしょう。

そうしたとき、その「未処理の感情」は、どうなるのでしょうか?
この「未処理・未解決な感情」は、実は・・・・

 「いつの日か、必ず解決してやる」

と決心され、潜在意識の引き出しにしまい込まれます。

そして、数十年後、驚くことに解決を求める先は、当時の、
当事者(親)ではないのです。

この問題が浮上してくるのは、パートナーとの間です。
自分の両親との間に浮上しません。

自分の心の問題が投影されるのは、パートナーか、
パートナーの親に対してです。

父親との関係、母親との関係で、未解決な感情の解決を求められる
のは、「恋人」や「結婚相手」あるいはその「親」なのです。

ご興味があれば、永田兼一先生の著書「愛をまなぶ心を学ぶ」
「愛を実らせる人々」をお読みください。

永田先生はこれを「人生のワナ」と名づけています。
この罠は、実に巧妙で、そして様々な種類があります。

●本人の自覚がないまま、
●感情の二重構造に気づかず、
●相手を誤解したまま別れるカップルが多い。

こわいですね。
  

Posted by しるばーうるふ at 23:45Comments(0)