スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2007年04月09日

眼球を指で押し込む話

眼球を指で押し込む話



先週、温泉に泊まったとき、
リフレクソロジーをしてもらいました。

足ツボを刺激しながら、
悪くない臓器を捜すのが一苦労って感じでしたが、
マッサージのお姉さんが突然、

「目が飛び出てますよ、引っ込めますか?」

と提案してきたのスよ。

「えっ、足ツボ突いて、目が引っ込むの?
 って言うか、僕ちん、目が出てる?バセドー?」

「違いますよ(*^_^*)、疲れ目で何年も仕事をして
 いると、目が飛び出ているはずなんです。
 目を【直接押し戻します】から」


が、眼球を直接~っ??????


ということで、好奇心旺盛な僕は、やってもらった。

●やる前=まぶたを押すと、目が非常に「堅かった」
●やったら=目玉が可動するようになり、押した感じは
      引っ込んでいたし軟らかくなっていた(!)

眼球にサスペンションがついた感覚!

おおおおおっ、すごい(とても痛かったけど)


生まれ変わった目で、ますます頑張るぜ!!!


※写真は、宮城産「漢方牛」という逸品。
 厚くて軟らかい肉、びっくりしたっす。


  

Posted by しるばーうるふ at 09:06Comments(2)からだ