スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2007年02月28日

身体に聞くしかねーな(*^_^*)




口と身体。

正直なのはどっちか?


もちろん、身体ですよね。いや、変な意味じゃなくて。


「百聞は一見にしかず」

「百見は一考にしかず」

「百考は1行にしかず」


う~ん、本質をついた格言三連発ですね。

百、考える暇があったら、ひとつ、実行しろと。


ご存知のように、僕はフルコンタクト(直接打撃制)系の空手をや
っています。
しかも、投げ・締め・間接技ありの、総合格闘系の空手です。

年寄りの冷や水で、32歳を越してから始めたわけですよ。

今、格闘技もかなりメジャーになってきたので嬉しい限りですが、
僕の所属する団体は、一般的にはまだちょっとマイナー。
でも、マニアの間では、「実は、最も実践的」と評される大道塾と
いう団体です。

ま、それは、仙台西支部のHP
http://osada-dojo.com/top/top-f.html
にその詳細は譲るとして、上記の格言に沿って言えば・・・


「すごい蹴りだと100回聞くより、1回見たら?」

「人のやる腕がらみを100回見るより、1回深く考えてみたら?」

「100回考察するより、ローキック1回受けてみたら?
 どんだけ痛いか分かるから」


ちょっと、無理な言い回しですが、そういうことです。


例えば、ストレートパンチひとつとっても。

・どこの筋肉を使うのか?
・狙い当てる場所は?
・何回連続で打てるのか?
・次の日どこが痛くなるのか?
・どのくらい練習すれば身体に染込む?
・相手との相対的距離とステップは?
・足の裏の皮、どの部分が剥けちゃう?
・カウンターをもらわない間の取り方は?
・どの程度のスピードとパワーとタイミングが必要?
・それで、相手にダメージを与えられる?

まぁ、何千何万通りもあるわけですよ。

でもこれは、聞いて、見て、考えて、分かったふりをしていても
屁のツッパリにもならないわけです。

せいぜい、酒のツマミになる程度。


つまり、身体を教育しなければ「実践で役に立たない」のです。


だから、


「やってみる」しかないのです。


そう、


「身体に聞く」しかないのです。


なにしろ、本当に体は正直ですよ~っ。
(実感こもってるでしょ)


※例によって、写真はあまり関係ありません(*^_^*)
  最近いいなと思ったグラビアアイドルです。

   

Posted by しるばーうるふ at 20:39Comments(1)からだ