スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2006年08月26日

「身体に聞くしかねーな」

「身体に聞くしかねーな」



口と身体。

正直なのはどっちか?


もちろん、身体ですよね。いや、変な意味じゃなくて。


「百聞は一見にしかず」

「百見は一考にしかず」

「百考は1行にしかず」



う~ん、本質をついた格言三連発ですね。

百、考える暇があったら、ひとつ、実行しろと。


ご存知のように、僕はフルコンタクト(直接打撃制)系の空手をや
っています。(知ってた?)

しかも、投げ・締め・間接技ありの、総合格闘系の空手です。

年寄りの冷や水で、30歳を越してから始めたわけですよ。


今、格闘技もかなりメジャーになってきたので嬉しい限りですが、
僕の所属する団体は、一般的にはまだちょっとマイナー。
でも、マニアの間では、「実は、最も実践的」と評される大道塾と
いう団体です。

ま、それは、仙台西支部のHP
http://osada-dojo.com/top/top-f.html
にその詳細は譲るとして、上記の格言に沿って言えば・・・


 「すごい蹴りだと100回聞くより、1回見たら?」

 「人のやる腕がらみを100回見るより、1回深く考えてみたら?」

 「100回考察するより、ローキック1回受けてみたら?どんだけ
  痛いか分かるから」


ちょっと、無理な言い回しですが、そういうことです。


例えば、ストレートパンチひとつとっても。

・どこの筋肉を使うのか?
・狙い当てる場所は?
・何回連続で打てるのか?
・次の日どこが痛くなるのか?
・どのくらい練習すれば身体に染込む?
・相手との相対的距離とステップは?
・足の裏の皮、どの部分が剥けちゃう?
・カウンターをもらわない間の取り方は?
・どの程度のスピードとパワーとタイミングが必要?
・それで、相手にダメージを与えられる?

まぁ、何千何万通りもあるわけですよ。

でもこれは、聞いて、見て、考えて、分かったふりをしていても屁
のツッパリにもならないわけです。

せいぜい、酒のツマミになる程度。


つまり、身体を教育しなければ「実践で役に立たない」のです。


だから、


「やってみる」しかないのです。


そう、


「身体に聞く」しかないのです。


なにしろ、本当に体は正直ですよ~っ。
(実感こもってるでしょ)





今日のラブサプリ



 「実体験だけが真実のデータです」


いざというとき、体験したことしか、役に立ちませんよね。

だから、練習・テスト・失敗・練習・テスト・小さな成功~の繰り
返しを沢山しましょう。


人間関係でも、仕事でも、家庭でも、「いざというとき」が必ず来ます。

また、津波・地震・火事などの災害や暴力事件も、何もかも含めて、
「いざというとき」は必ず来ます。


そのときのために、実験できるときに、沢山の体験しておきましょう。  

Posted by しるばーうるふ at 14:48Comments(1)からだ

2006年07月23日

「パパのちんちん」

「パパのちんちん」 face03


子供たちと遊んだり、話をしたりするのは、ほぼ週末です。

平日のパパは子供たちとの時間が取れませんな~。
(残念ながら、妻との時間も取れません(*_*))


で、ふと考えてみたのですが、家の子供たち、長男大我8歳と、次
男龍5歳が一番多く発している「言葉」は何だろう?


それは、「パパのちんちん」

(他に無いんかい!?)


休日の朝などは、僕はマグロのように寝ています、。
大切な休息に、まどろんでいます。

でも、朝、子供たちに襲われるわけです(*^_^*)。
しかも主として「ちんちん」を。


二人で異口同音に

「パパのちんち~ん!」
「パパのちんち~ん!」

一日で、20回は聞く台詞なんですよね、これが。


いったい何故でしょう?


●一番、不思議だから。
●一番、目立つものだから。

・・・いや、あのねぇ。


ちょっと角度を変えて考えて見ましょう。

(いや、角度を変えると言ってもその角度ではありません。・・失
礼)


着替えやお風呂のとき、子供たちが例えばリビングで面白がって
「裸」になりますね。

そのとき、パパやママがどんな台詞を言い、どんな反応をしている
かにカギがありそうです。


パパ「おいおい、ちんちん丸出しだなぁ」

ママ「やーねー」

子供たち「うひょひょひょひょ、きゃーーーっ!」


パパ「あ、ウインナーだ。いただきまーす」

ママ「やー」

子供たち「げらげらげら、ゲラゲラゲラ」


・・・・・。

まぁ、楽しいわけですよね。

これでは、以下のようになるのはしょうがないっす。


1.ちんちん=「すごく楽しいもの」
2.ちんちん=「面白いネタ」
3.ちんちん=「へんなもの」
4.ちんちん=「パパやママが喜ぶもの」
5.ちんちん=「しかも、おしっこも出るし」

(「出るのは、おしっこだけとは限らない」ということは、まだ言
えない。 パパ/談)

・・・・。


で、注目は「4」番です。


パパやママが喜ぶものに、子供たちは最も反応するのです。

パパやママの笑顔が見れると思えば、子供たちは何でもするのです。

なぜなら、

夫婦仲がいいことが、子供たちの最大の望みなのですから・・・。

大事なのでもう一度。


  「子供の深層心理における最大希望は、
   自分の親が仲良く『在る』ことである」



だから、パパやママの笑顔が見れると思えば、子供たちは何でもするのです。


「夫婦仲がよければ、子供は明るくまっすぐ育つ」



世間ではこれが意外と難しかったりしますね。


子供は、親の鏡なのにさ。  

Posted by しるばーうるふ at 09:17Comments(0)からだ